動物・科学・天気

2/4ページ
  • 2018.06.03

死のカタツムリ・アフリカマイマイが危険な理由と美味しい調理方法!

カタツムリの仲間であり、死のカタツムリの異名を持つカタツムリをご存知でしょうか? 人を死に至らせることすらある為についた異名『死のカタツムリ』。 本当に恐ろしい名前です。 (; ̄ー ̄川 アセアセ   この死のカタツムリの正体はアフリカマイマイ。 人間を最悪死なせてしまうカタツムリなのですが、実は食用として日本に送り込まれた動物でもあります。   人を死なせるのに食用? 意味わか […]

  • 2018.06.02

人間を襲う危険な6サメ!どんなサメも人を襲う可能性はある!

海で最も危険な生物と言えばのサメ! 今回の記事ではサメの中でも危険度の高い6種類のサメについて紹介してきます。   実は危険性が低く人間を襲う事は稀など言われていたりします。 しかし、当たり前ですが危険な種は危険ですので海外ツアーなどでは絶対にサメに近づかないようにしてください! アオザメ 体長:4m 体重:500kg   アオザメは非常に攻撃性の高いサメであり、人間をも躊躇な […]

  • 2018.05.31

コウモリの生態と駆除方法は?家に巣を作られた際の対策はコレだ!

日本にも多くの地域で存在が確認されているコウモリ。 夜行性の動物であり、吸血鬼などのモチーフになっている動物で血を吸うイメージが強く怖い印象を受ける動物です。   そんなコウモリが家に住み着いてしまったり、家に巣をつくってしまったりした場合どうすればいいのか? コウモリの生態系を理解することで対応策が理解できると思いますので、今回はコウモリの生態と住み疲れた際&巣を作られた際の対処法を紹 […]

  • 2018.05.31

アヒルと鴨の違いは?飛ぶ・野生・食用など意外な違いが存在する!

鴨とアヒルの違いをご存知ですか? 鴨と言えば海などに浮かんでいる姿を思い浮かべ、アヒルと言えば某CMを思い出す方も多いのでしょう。 少なくとも私はこのような認識です(笑)   鴨とアヒル。 2つは非常に似通った姿をしている2つの鳥類なのですが、実は明確な違いがある品種でもあるんです。 意外に違いを知らない方も多いと思いますので紹介していきます。 鴨 鴨というのは、カモ目カモ科の鳥類に分類 […]

  • 2018.05.30

ナナフシの幼虫と子供の姿は?飼う際は好みのエサを与えましょう!

木の枝や葉っぱの枝に擬態するナナフシ。 世界には2500種類を超えるナナフシが確認されていたり、世界的に見ても意外に人気の高いペットがナナフシです。   今回はナナフシの生態や生息地。 好みのエサや幼虫。 ナナフシの飼い方について紹介していきます。 ナナフシの生息地・生態 ナナフシが生息しているのは日本では沖縄~本州全域です。 寒い地域に行くほど個体数が減っていき、北海道に近づくほどに見 […]

  • 2018.05.30

日本にいるナナフシの種類と珍しい生態!鳥類を利用している可能性!

ナナフシという木や葉っぱの枝のような形態をした昆虫をご存知ですよね。 日本のどこでも見かけることが出来る昆虫であり、地味に異なる種類が多くいるのも特徴的な虫です。   今回はナナフシに関する世紀の大発見があったので、ナナフシの世紀の大発見とナナフシの種類について軽く紹介していきます! ナナフシの種類 エダナナフシ 最も多く見かけることが多い種類のナナフシです。 非常に似通ったナナフシモド […]

  • 2018.05.29

バロットの食べる手順と日本で食べる方法!かわいそうだけどうまい!

世界的に珍しい食べ物バロットをご存知でしょうか?   バロットという食べ物は言ってしまえばゆで卵なのですが、本当に奇妙と言いますか…。 グロテスクというのが適切なのかもしれない食べ物です。 本当に食事前などには見ないで欲しい食べ物なので、ここから先を読む人は心して読んでください。   冗談抜きで覚悟が必要です! バロットとは バロットという食べ物はアヒルの卵をゆで卵にした食べ物 […]

  • 2018.05.28

ふぐ毒の危険性は?個体差があり食べられる部位もある?

魚介類で毒と言えばやはりふぐでしょう。 強力な毒を持っていることから世界的にあまり食べる文化が浸透しておらず、日本以外の国では食べられていないのが特徴的な魚です。   そんな毒があることで有名なふぐを専門知識がないにもかかわらず勝手に食べ、食中毒になる人は毎年のようにいます。 いったいなぜふぐを食べて大丈夫だと思ってしまうのか? 意外に知られていないふぐ毒の危険性や生態や毒について紹介し […]

  • 2018.05.28

現実にいる有毒鳥ピトフーイとは?毒の威力と知られざる脅威の生態系

自然界に数多くする有毒生物。 爬虫類などでは多く存在しており、クモなどは毒を持っていて当然の認識だと思います。   数多く確認されている有毒生物の中でも最も珍しいのが毒を持った鳥類ピトフーイ。 世界的に見ても珍しい毒を持った鳥というのが存在しているんです。   日本には一切存在しておらず、世界的に見てもほぼ存在しない毒を持っている鳥類ピトフーイ。 彼らが毒を持っている理由や、ピ […]

  • 2018.05.28

動物好きなら知っておきたい!鳥類と猛禽類の違いを3分で解説!

鳥などが分類される鳥類と、同じく鳥などが分類される猛禽類。 よく2つの名称を耳にすると思ますが、鳥類と猛禽類の明確な違いが分からない方も多いと思います。   実際、私も最初の頃は良く分からなず鳥類と猛禽類のなにが違うのか戸惑いました。 いまや懐かしいあの頃の記憶… 若かりし自分を思い出せます(笑)   私の思い出はさて置いて鳥類と猛禽類。 似通っている2つの違いについて今回は紹 […]

  • 2018.05.27

最強の鳥・オウギワシの握力は?ナマケモノをも狩る鳥の天敵とは?

猛禽類最強と言われている鳥・オウギワシをご存知ですか? 日本には生息していないことからあまり知られていませんが、非常に強力な鳥です。   野生に置いて強力な力を持つ種が多くいる猛禽類の中でなぜ最強と言われているのか? 圧倒的過ぎるオウギワシの性能と最強たる所以について。 さらに絶滅しそうな理由についても紹介します。 最強の所以 オウギワシの体長は全長1m。 鳥類の中でも大きな部類に入り、 […]

  • 2018.05.27

鳥で最強の種はコイツ!オウギワシより遥かに強い○○○トリ

世界には数多くの鳥類が存在していますが、その中で最強の種族が何かをご存知でしょうか?   最強と考えると、鷹などのメジャーな鳥の名前が挙がると思います。 しかし、実のところ最強の鳥というのは科学的にはヒクイドリです。   いったいなぜヒクイドリが最強の鳥だと言い切れるのか? ヒクイドリが最強たる所以を紹介していきます! 最強の鳥・ヒクイドリとは 地球上で最強の鳥として名前を挙げ […]

  • 2018.05.27

世界三大奇虫とは?奇虫と呼ばれる理由と生態系について紹介!

三大美味など世界には三大○○などが多く存在していますが、虫の世界に存在している三大奇虫をご存知でしょうか?   三大奇虫とはその名の通り、奇妙な虫たちであり世界で最も奇妙な生態を持っているとされる虫たちです。 不気味な見た目もありますが、なんと言っても奇妙な生態が特徴的な三大奇虫。 意外に知られていない三大奇虫の正体と生態について紹介していきます。 カニムシモドキ(ウデムシ) 最初に紹介 […]

  • 2018.05.26

アルビノと白変種の違いは?見た目で判断するには○○を見れば確実!

白い動物がアルビノや白変種と呼ばれることがあります。 あれは一体どういう意味なのか?を理解していますか?   多くある間違いがアルビノと白変種を同じ意味合いであり、本来の色と異なる白い動物の事を言うと思っている方が多いと思います。 しかし、実はアルビノと白変種は明確な違いがあるんです。   意外に知らない方がおおい、アルビノと白変種の違いについて今回は紹介していこうと思います。 […]

  • 2018.05.26

チンアナゴの新種・ニゲミズチンアナゴの生態と特徴、生息地を紹介!

鹿児島県の大島海峡にてアナゴの親戚にあたるチンアナゴの新種が発見されました! 発見された新種は近づくと巣穴に逃げ込むという特性を持っており、発見した16年1月から18年5月まで新種認定に年月がかかりました。   何かが近づくと巣穴に逃げ込むという特性故に大変だった新種のチンアナゴ。 どんな生物なのか? チンアナゴの新種について紹介していきます。 チンアナゴの新種・ニゲミズチンアナゴ 発見 […]

  • 2018.05.26

新種の定義と必要条件とは?名前の付け方は愛称と学名で異なる!

生物絡みの一大イベントと言えば、やはり新種の発見です! ○○種の新種が発見されたとなると、その生物が好きな人は勿論。 普段はその種に興味が無い人でも、どんな生物なんだろう?と生態系や容姿が気になると思います。   そんな新種ですが、意外に知られていないのが新種の定義。 新種なんだから、新しく発見された新種の生物でしょ?と思いがちなのですがこれ、新種の定義とは異なるんです。   […]

1 2 4