アルビノと白変種の違いは?見た目で判断するには○○を見れば確実!

アルビノと白変種の違いは?見た目で判断するには○○を見れば確実!

白い動物がアルビノや白変種と呼ばれることがあります。

あれは一体どういう意味なのか?を理解していますか?

 

多くある間違いがアルビノと白変種を同じ意味合いであり、本来の色と異なる白い動物の事を言うと思っている方が多いと思います。

しかし、実はアルビノと白変種は明確な違いがあるんです。

 

意外に知らない方がおおい、アルビノと白変種の違いについて今回は紹介していこうと思います。

白変種

アルビノと白変種を紹介していきますが、まず最初に白変種から紹介します。

こちらを理解した後の方が、アルビノを理解しやすい為です。

 

白変種と言えば、有名なのはやはりホワイトタイガーですよね!

このように白変種と呼ばれる生き物たちは、本来の種族の色とは異なり真っ白の身体を持つのが特徴です。

 

真っ白と言っても縞模様などは残っており、大半の部分が白になるという表現が正しいです。

遺伝子的に色を生み出すことは出来るのですが、本来の体毛とは異なり白色が多くなっているのが白変種と呼ばれています。

 

[char no=”3″ char=”><”]ちょっと分かりにくいと思うのですがここでは、白変種は色を生み出せますが敢えて白色になった突然変異体であると覚えておいてください。

後述するアルビノとの違いが非常に分かりやすくなると思います。[/char]

アルビノ

白変種を紹介したので、ここからはアルビノを紹介します。

 

アルビノという固体はこのような容姿になります。

先程紹介した白変種と何が違うのか?

理解しやすいように、まずは科学的な特徴を紹介しますね♪

 

アルビノの科学的な特徴というのは、アルビノと呼ばれる固体にはメラニン色素がないという事です。

本来であれば遺伝子の中にメラニン色素という色を作る遺伝子があるのですが、それが欠落しているのがアルビノと呼ばれるタイプです。

 

[char no=”8″ char=”楽しい”]アルビノは色が欲しいけど、色を生み出すメラニン色素が欠落しているのでどんなに頑張っても色は変わりません。

目の色も生み出すことが出来ない為に、アルビノの目の色は目の中の血液がすけている赤にしかならないという特徴もあります。[/char]

アルビノと白変種の違い

アルビノと白変種を紹介しましたので、2つの違いを整理しましょう。

 

ここまで紹介した通り、アルビノと呼ばれる固体と白変種の個体の違いは簡単です。

メラニン色素が欠落しており色を生み出すことが出来ないというのがアルビノ。

それに対し白変種は、メラニン色素は持っており色を生み出すことは出来るけど敢えて白色になった固体です。

 

一見するとともに白色をしているので、本来の色とは異なり白い個体をアルビノ/白変種と呼んでいると思われがちですが、実は科学的には全く異なるのが特徴と言えるでしょう。

 

また、アルビノか白変種かを見分ける簡単な方法は目の色です。

目の色が真っ赤であり、目の血管が透けていればアルビノ。

目の色が人間のように黒だったり青だったりすれば、それは白変種ということになります。

 

[char no=”1″ char=”普通”]体毛ではなく目の色で判断するのが見た目だけで判断する場合には最も適切な方法と言えますので覚えておきましょう!

勿論、アルビノも白変種も見かけることはほぼないのでこの判別方法が役に立つ時が来るのかは微妙ですけどね(笑)

動物好きとしては、知っておいて損のない情報だと思いますよ。[/char]

動物・科学・天気カテゴリの最新記事