現実にいる有毒鳥ピトフーイとは?毒の威力と知られざる脅威の生態系

現実にいる有毒鳥ピトフーイとは?毒の威力と知られざる脅威の生態系

自然界に数多くする有毒生物。

爬虫類などでは多く存在しており、クモなどは毒を持っていて当然の認識だと思います。

 

数多く確認されている有毒生物の中でも最も珍しいのが毒を持った鳥類ピトフーイ。

世界的に見ても珍しい毒を持った鳥というのが存在しているんです。

 

日本には一切存在しておらず、世界的に見てもほぼ存在しない毒を持っている鳥類ピトフーイ。

彼らが毒を持っている理由や、ピトフーイが持つ独の威力について紹介していきます。

有毒鳥類・ピトフーイとは?

世界的にも珍しい有毒鳥類ピトフーイ。

ピトフーイとはパプアニューギニアに存在している固有の鳥類6種で総称されているのは以下の6種類です。

  • カワリモリモズ
  • ズグロモリモズ
  • ムナフモリモズ
  • サビイロモリモズ
  • クロモリモズ
  • カンムリモリモズ

このいずれもが強い毒性を持っており、ピトフーイを象徴している最強の毒性を持つ鳥・ズグロモリモズがこちら。

黒とオレンジという派手な色をした成人男性の手のひらサイズの可愛らしい鳥さんです。

 

色が派手過ぎて目立つんじゃ?と思う方も多いでしょう。

当然、自然界では目立つことにはデメリットしかありませんが、目立っても問題にならないほどの毒性を持っているので問題にならないんです。

 

有毒鳥類・ピトフーイの中でも最強の毒性を持つズグロモリモズ。

いったいどの程度の毒を持っているのか、日本人で馴染みにのある魚類と比較して紹介してきます。

 

[char no=”5″ char=”33″]間違いなく驚きますよ…ッ![/char]

最強の毒を持つ鳥の威力

有毒鳥類ピトフーイの中でも最強の毒を持つズグロモリモズ。

彼の持っている毒の強さを日本でお馴染みのフグと比較して紹介します。

最悪死に至るといわれているフグの毒と比較した場合のズグロモリモズの毒の威力はフグの毒の約4倍の威力なります。

 

ズグロモリモズが保有している毒はホモバトラコトキシン。

科学的には非常に面倒な解説になるので分かりやすくざっくり紹介しますと、大昔の人間が吹き矢などに塗っていた毒であり対人戦では絶大な威力を発揮します。

…対人戦用の毒矢なので当然ですがこれが人に当たった場合、その人は数時間苦しんだのちに最悪絶命するほどの威力を持っています。

 

威力的には1/4となるフグの毒ですら人間は呼吸困難に陥り死に至りますからね。

[char no=”3″ char=”><”]フグの4倍の毒性を持っているピトフーイを食べてしまったらどうなるか?

軽く想像するだけでも分かるでしょう。[/char]

毒を持つ生態

有毒鳥類ピトフーイ。

彼らがなぜ毒を持っているのか?

またどの部位に毒があるのか?について紹介していきます。

 

毒を持っているピトフーイですが、彼ら自身が体内で毒を生成しているわけではありません。

ピトフーイ達のエサとなる甲虫類が毒を持っておりその毒を蓄積することで毒を得ています。

その為ピトフーイ自体の体内に毒があるのではなく、体毛や皮の部分に毒が存在しているというのが科学的に確認されています。

 

自ら毒を生成はせず、捕食した生物の毒を体に纏っている。

そういう風に考えたほうがしっくりくると思いますが、どうであれ読みも珍しい有毒鳥がピトフーイである。

 

[char no=”8″ char=”楽しい”]鳥について語る際に雑学的に語れると思いますので、是非覚えておきましょう![/char]

まとめ

いかがでしょうか?

読みも珍しい有毒鳥類ピトフーイについて紹介しました。

 

毒を持っておる鳥というのは世界的に見ても本当に珍しく、世界でパプアニューギニアでしか確認されていません。

今後も様々な研究が進んでいき、ピトフーイが毒を持っている経緯や進化の過程が明かされるのが楽しみですね♪

 

もしかしたらピトフーイ以外にも毒を持っている固体が確認される可能性もありますから。

過去には中国の歴史書に『毒を持った鳥』というのも記載されていたりもしますので、今後様々な調査が行われることで世界に存在しているピトフーイ以外の有毒鳥が明らかになるかもしれません。

 

[char no=”8″ char=”楽しい”]本当に楽しみ過ぎる♪

これだから生き物好きはやめられないんです♪[/char]

ちなみにですがピトフーイの毒と比較したふぐの毒についてはこちらで紹介していますので、興味があれば覗いてみてください。

ふぐ毒の危険性は?個体差があり食べられる部位もある?

動物・科学・天気カテゴリの最新記事