卓球・張本選手がチョレイを封印?最年少の卓球少年に厳重注意!?

卓球・張本選手がチョレイを封印?最年少の卓球少年に厳重注意!?

全日本卓球選手権大会の男子シングル優勝。

その最年少記録を更新した張本智和選手を皆さんご存知ですよね?

ポイントを獲得した際にチョレイ!という奇妙な叫び声で自分を鼓舞する姿で有名な将来に期待がかかっている若手選手です!

 

元中国国籍であり、両親は中国の著名な卓球選手。

そんな日本最年少記録を持ちながら中国から日本に渡ってきた過去を持つ最強の若手選手・張本選手が卓球協会から注意がなされました!

注意のきっかけは想像がつくと思いますが、張本選手の代名詞でもあるチョレイ!の叫び声…
(; ̄ー ̄川 アセアセ

 

正直なところ、代名詞を注意ってどうかと思いますし、元中国籍の人があまりに強いので目の敵にされていると思ってしまう方もいると思いますが実はそうではありませんでした。

チョレイが禁止された理由は何なのか?

卓球協会が注意した理由について紹介していきます!
[cc id=55 title=”目次”]

張本の叫び声・チョレイ!がダメな理由は?

張本選手の叫び声。

チョレイというのはなぜダメなのなのか?

その答えは日本の卓球協会のルールに抵触しているからではありませんでした。

 

卓球協会が定めている雄叫び用のルールというのは様々あるのですが、当然のルールが多いです。

相手をバカにする発言はダメですとか、相手を威嚇する発言はダメ。

そして、意外にも同じ言葉を続けて叫んではいけないというルールもあります。

 

ただし、この何度も『連続して』というのは同じ言葉を連続してはダメという事です。

例として挙げておきますと、実際に日本選手で注意を受けた発言が『ヨーヨーヨーヨー』という言葉

ヨーが連呼されているのでダメという事になります。

 

こういったルールに実は張本選手は抵触していないんです。

ではいったいなぜ張本選手のチョレイ!が注意を受けたのは?

その理由は意外なモノでした。

 

チョレイ!が禁止された意外な理由。

それは、地方の方言でチョレイはちょろいという意味合いを持つ言葉になっているからです。

 

そういった地方の人から卓球協会へ多くの意見が寄せられたそうです。

見ていて不愉快だから辞めさせて欲しいと。

 

それはそうですよね。

ポイントを取るたびに『ちょろい』と発言している選手というのは流石に見ていて不愉快でしょう。

 

これが理由になり張本選手に注意が行われたそうです。

ちょろいという意味で使っていなかった張本選手からすればやっかみ感がありますけどね。

協会の注意の流れとしは一応は厳正なルールの範疇でしょう。

チョレイ!という雄叫びが聞けなくなるのは少し寂しいですが、多くの人が楽しめるようには納得の注意だと思います。

注意を受けて張本選手の対応は?

注意を受けた張本選手。

現在ではチョレイ!を封印しています。

長年かけてきたポイントを取るたびに自分を鼓舞する掛け声なので、まだまだ完全にはやめられていないですけどね。

 

それでも、しっかりと意識している様で『チョ!』など、明らかにチョレイ!言おうとしたタイミングでも止めていたり努力してくれているようです。

一部地域の方言でちょろいという意味が含まれるが故に封印されることになった、チョレイ!

今後の張本選手の正式な掛け声がどう変わるのか楽しみですね♪

 

2003年生まれの少年が今後どう活躍しいくのか?

成長が楽しみとしか言いようがないですし、どんな大会で日本初の記録を残してくれるのかも楽しみにしていきたい!

そう思わせてくれる対応ぶりでした!

まとめ

日本の最年少記録を更新した最強少年・張本選手。

チョレイ!という掛け声に注意が行われてしまったり、水谷選手との決勝戦後にあまりの嬉しさに選手同士の握手を忘れ父の元に行ってしまったり。

まだまだ子供らしいミスも多いですが、今後の成長は素直に楽しみな少年ですし国民として応援していきたい選手ですよね♪

 

たった14歳で優勝ですからね…

どうなってんでしょうか?

現代の若い子たちは。

 

色んな選手もいるし、記録もどんどん塗り替えられているし。

今後も日本の若い選手たちの活躍が素直に楽しみですね!

スポーツ・芸能カテゴリの最新記事