三寒四温の時期と季節はいつ?冬よりも春に起こる気象現象なの?

三寒四温の時期と季節はいつ?冬よりも春に起こる気象現象なの?

三寒四温と言う言葉をご存知でしょうか?

寒い季節に天気予報などで使われる言葉なのですが、言葉の意味をニュアンスだけで捉えている人も多いと思います。

意味合い的にはイメージ通りの意味合いなのですが、三寒四温という言葉が使われる正しい季節と意味合いを紹介していきます!

また気候の移り変わりが激しい三寒四温という時期にお勧めの対策も紹介しますので、是非参考にして三寒四温の季節を快適に過ごしてみてください。
[cc id=55 title=”目次”]

三寒四温の季節とは?

三寒四温とは元々は中国や朝鮮半島で生まれたことわざだと言われています。

この言葉の意味合いは単純で三寒四温とい言う文字通り

1週間中で3日寒くて4日暖かい

という寒さと温かさの移り変わりが速くコロコロと気温が変わる日々。

つまり、気候が変わりやすく体調管理が難しい季節を意味しているという事になります。

 

滅多にありませんが、天気予報で

昨日とは打って変わり温かいや寒い日になる

という予報が毎日のようにされる日々の事が三寒四温と例えられる状況と言う事になります。

三寒四温の意味と時期はいつ?

日本では滅多にない気候である三寒四温。

もし日本で三寒四温と表現される気候になるとすれば

冬と春が変わるタイミングである春先の3月の終わりから4月初め頃

に起こる可能性があります。

 

この季節になると

冬の寒さをもたらしていたシベリア気団

と呼ばれるロシア方面にある気団と

温かい太平洋気団

が日本上空でぶつかり合う為に三寒四温という寒さと温かさがコロコロ変わる気候になる可能性があります。

 

日本では滅多に発生しない気候ですが、唯一春先。

移動性高気圧と温帯低気圧がぶつかり合い、交互に日本上空を覆う可能性のある時期に発生する可能性があります。

三寒四温の対策は?

三寒四温の時期というのは、軽く紹介した通り

気候の移り変わりが激しい

と言うのが特徴です。

 

その為、しっかりと対策を取らないと

体調を崩してしまう

と言うのも言えます。

 

では、三寒四温の対策はどうしたらいいのか?

気になる方も多いと思うので紹介します。

 

三寒四温とはその名の通り寒さと温かさが移り変わる時期です。

その為、寒さへの対策を取るべきか?

それとも暖かさへの対策を取るべきか?

どちらに対策をとった服装をすればの良いのか悩む方が多いでしょう。

 

三寒四温に限った対策ではないのですが、寒さと温かさという気候の移り変わりが激しい時は

寒さへの対策を取る服装

にすることをお勧めします。

 

特に服装としては

厚着する

という事を意識して、服を何枚か重着してください。

服を重ねて着ておくことで、気候に合わせた厚さの服装に変えて言う事で快適に過ごしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

三寒四温の意味と時期を紹介しました。

 

春先と呼ばれる3月の下旬から4月始まりに起こる可能性のある気候です。

気候の移り変わりが激しい為に体調を崩しやすい季節なので、しっかりと対策した服装で過ごしましょう。

またこういった季節には温かい厚着の服装で出かけることを意識しましょう。

厚かったら脱ぐことで調整することを意識して過ごすと体調を崩さずに快適に過ごせるのでお勧めです!

動物・科学・天気カテゴリの最新記事