子供用のスキーヘルメットは必要ある?子供に限らず必須アイテム!

子供用のスキーヘルメットは必要ある?子供に限らず必須アイテム!

冬の季節に大人気のスポーツであるスキー。

スキーを本格的にやる際にはボードに限らずスーツなど多くの専用グッズが必要になります。

そんな専用グッズの中で子供用として販売されているグッズの中で、必要性を疑問に感じてしまうのがスキー用ヘルメットだと思います。

 

スキーは柔らかい雪の上でやるスポーツと言う事、さらにプロが使用していないもあって

転んで頭を打っても別に大丈夫じゃない?

と言う疑問を抱くためにスキー用の子供ヘルメットの購入を悩む方は多いと思います。

 

果たして、スキー用の子供ヘルメットは必要なのか?

どうしても、必要なさそうに思えてしまうグッズについて紹介していきます!
[cc id=55 title=”目次”]

スキー用子供ヘルメット必要?

スキー用の子供ヘルメットなのですが、ハッキリ言って

絶対に付けさせるべき

スキー用品です。

 

ふかふかの雪の上でやっているのに、頭を保護する必要がどこにあるの?と思う方も多いと思います。

しかし、スキー用の子供ヘルメットというのは

転んだ際は勿論、周りの人のボードが頭に当たることも想定している物

なので、ヘルメットを装着している子供が転んだときだけではなく周りの人が転んでそのボードが頭にぶつかるのを想定したものでもある。

 

子供同士で遊びに行っている場合や子供スキー教室などでは周りに子供がたくさんいます。

そうした状況で

周りの子供のボードが絶対に頭に当たらない

と思える人はごくごく少数でしょう。

 

つまり、子供用のスキーヘルメットとは

雪の降り積もった地面にぶつかるのを防止しているのでなく頭部にボードがぶつかるのを防いでいる

グッズなので、スキーをやる子供にはしっかりとヘルメットを着けさせた方が良いです。

 

当然ですが、付けられるのであれば大人でも付けたほうが安全なので心配であれば装着しましょう。

ヘルメットが無い場合は?

ヘルメットが無い場合の対処法としては

温かくするためのニット

を被ってスキーを楽しみましょう。

 

これは寒さ対策にもなりますし

ニットの毛玉部分で衝撃を緩和できる

ので、絶対に被るべきだと言えます。

 

ヘルメットが無い場合はニットに限らず、衝撃を緩和できる防寒グッズを被ってスキーをしましょう。

たったこれだけの事ですが、頭にボードが当たった場合でも最悪の時代に陥らずに済む可能性が高まります。

 

安全の為にも出来ればヘルメット。

無いのであれば、もしもの時の為に頭に固いモノがぶつかっても衝撃を緩和できるモノを被るようにしましょう。

 

そうすることで最悪の事態に陥らずに済むはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スキーグッズの中でも必要性に疑問を抱くことが多い子供用ヘルメットの必要性を紹介しました。

 

雪と言う柔らかい場所でやるスポーツと言う事もあって頭を保護するヘルメットの必要性が無さそうに思えると思います。

しかし、実はスキー用のヘルメットは地面に頭をぶつける事よりも

スキーボードが頭にぶつかること

を想定して作られているので、子供には必須のグッズと言って過言ではありません。

 

なんでスキーにヘルメットが必要なんだろう?

疑問に思うのは分かりますが、子供の安全の為にもしっかりスキーの際にはヘルメットを被らせるようにしましょう!

四季の出来事・地域イベントカテゴリの最新記事