ペットロボットの人気・お勧めは?ギネス登録の人工知能搭載型も!

ペットロボットの人気・お勧めは?ギネス登録の人工知能搭載型も!

一時は生産が終了したソニー製の犬型ロボット・アイボ。

18年に再び販売が開始されると同時に最新型のロボット犬が販売されるという事で、再びブームになっています。

新型アイボの発売日と値段は?可愛らしい外見でペットロボット復活!

 

ペットロボットの代名詞ともいえるソニーのアイボの発売日は1999年。

それ以来、多種多様な様々なペットロボットが発売されている事をご存知でしょうか?

アイボ以外、おもちゃというイメージが強いペットロボット市場。

 

新型アイボの機会に自分にあうペットロボットを探してみてください。

それでは、お勧めのペットロボットを紹介していきます!
[cc id=55 title=”目次”]

ペットロボットの種類は?

ペットロボットの種類は実は多種多様です。

ジャンルとして大きく分けると大きく2種類なので、解説していきます。

 

1つ目はアイボが属する実際にペットとして飼われる動物型ペットロボット。

動物に似せた可愛らしい外見や、ペットらしい行動を再現されています。

動物らしい動きに癒しを感じますし

本物の動物のペットと同じ様な扱い

をする方が多く愛着が強いのが特徴と言えます。

 

そしてもう1つの種類がロボット型のペットロボット。

ロボット型って?と思った方も多いと思いますが

SF映画に出てくるようなロボット

という、まさにロボットという形状や外見をしたロボットの事です。

 

また現代の接客性能に特化したロボット・ペッパーなどもロボット型の代表と言えます。

あのロボットを人間に間違える方はいないでしょうし、例えるならロボットだと思います。

そういった

誰がどう観てもロボット

だと分かり、動物にも似せていないタイプだと考えてください。

 

では、それぞれの種類におけるお勧めロボットを紹介していきます。
[cc id=16 title=”アドセンス”]

ロボットとしてお勧めロボット

ロボットとしてお勧めのロボットというのは、動物に似せていないロボットや観たらロボットだと分かるロボです。

外見的な可愛さは有りませんが、楽しめるロボットが多いので紹介していきます。

 

ペッパーもお勧めなのですが、あれは高すぎるのでお勧めからは外して紹介していきます。

まず最初にお勧めなのが、ハロー!ミップと呼ばれる自立型のロボットです。

見た目的にも、まさにロボットという形状をしていますが、驚くことに

2014年のハイターゲット・トイ部門の優秀賞

を受賞しているロボットです。

 

ハイターゲットというのは年齢層が高いという事であり

大人も楽しめるロボット(おもちゃ)

であることが日本のおもちゃ大賞から認められています。

 

手軽に買えて動きを楽しむロボットという意味合いでは、非常にお勧めの一体です。

 

次に紹介するのが、一度はニュースなどで目にしたことがあると思うRobiジュニア!

その名称の通り、小さい人間・小人のような可愛らしい形状をしているロボットです。

タカラトミーから発売されている小型のロボット。

特徴としては家庭における

会話ロボット

であるという事です。
それも一方的に会話をする?と言いますか勝手な再生ではなく

音声を認識して返答する言葉を選ぶ

という機能が搭載されていることで会話が成立するのが特徴です。

 

AIなど自ら考え学習する知能を搭載してるわけではないので

会話は単調なものになる

のがデメリットですが家庭用の入物ロボットとしては値段的にも性能的にもお勧めです。

 

お勧めペットロボット

ここからはペットロボット。

つまり、動物型のお勧め家庭用ロボットを紹介していきます。

 

まず最初にお勧めなのが、ペットロボット入門お勧めロボットです。

それが、こちらの可愛らしいひよ子ちゃん型ロボット。

夢ひよこと言う商品名のロボットなのですが、こちらの性能は

タッチセンターに反応して動く

という単純な仕組みを繰り返すだけのロボット。

 

単純すぎるのでは?と思う方もいると思いますが

触れると可愛い動作をしてくれる

という事もあり、ペットロボット入門には非常にお勧めです。

 

次にお勧めなのが、ソニー製のアイボにそっくりなジェニボSD。

アイボ同様に犬型ロボットであり、音声認識機能と顔認識機能を搭載。

さらにはジェニボSDが感じている感情を顔で表現する機能まで搭載しています。

 

犬型ロボットであり、性能もアイボに近いロボット。

その為に、アイボに近い感情を抱けると思うのでお勧めです。

 

最後に紹介したいのが、アザラシ型のロボット。

ペットロボットという意味合いでは、私はこのロボットが一番お勧めします。

この子をお勧めする理由は、なんとメンタル機能/セラピー機能がギネス記録に登録されているため。

 

というのも、このアザラシ型ロボット・パロは人工知能を搭載しています。

その為、相手によって自分の性格を変化させ、相手に癒しを与える行動をとります。

こうした性能を搭載していることから、病院での採用までもされているほどの高性能ぶり。

 

飽きてしまうかもしれないとペットロボットに不安がある方は

飽きた後にも需要がある

このパロを強くお勧めします。

 

ギネスに登録されている癒し効果は伊達じゃありませんから。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

近年再びブームに火が付いているお勧めペットロボットを紹介していきました。

 

ソニーの新型アイボが接続料金を込みで30万円近くします。

ペットロボットを始めてだという方は

安上がりなペットロボット

で自分がペットロボットと相性がいいかを確かめるのがお勧めです。

 

本物のペット同様に接する人が多い事から本当に愛着がわくのは分かりますけどね。

それが自分にも当てはまるのか?

確証が無い人は、是非お手軽なペットロボット/需要のあるペットロボットの購入をお勧めします。

健康・生活カテゴリの最新記事