毛布の種類と特徴は?暖かさを求める人にお勧めの人気毛布を紹介!

毛布の種類と特徴は?暖かさを求める人にお勧めの人気毛布を紹介!

寒い時期の防寒着と言えば毛布ではないでしょうか?

近年では、布団に掛ける毛布だけではなく着る毛布と言うモノが販売されています。

 

 

寒さを凌ぐためにある物であり防寒グッズとしても最適の毛布ですが、あまり種類や素材に詳しくない人が多いと思います。

種類によって値段も違えば、防寒性や機能性/耐久性が多く異なるので、毛布について解説していきます。
[cc id=55 title=”目次”]

毛布とは?

毛布とは損名称の通り、毛で出来た布です。

元々は動物の毛を厚く織り込んだ物でしたが、近年では人口羽毛なるもので作られている製品もあります。

毛布とは、基本的に動物の毛や化学繊維などを織り込んだ防寒グッズだと理解してください。

 

ちなみにですが、毛布が暖かい原理としては、人間が発熱した体温を毛布で閉じ込めることで暖かくなります。

本来であれば冷たい外気にぶつかり体温の温度は感じられなくなりますが、毛布で外気との間に隔絶された状態に近い空間。

外の外気が直接は入り込にくい空間を作り、そこに人間の体温を閉じ込めています。

 

この事を意識して、毛布を掛けることで暖かさを作りやすいと思いますので意識してみて下しさい。

あくまでも暖かいのは自分の体温のお陰だと理解するということですね。

 

毛布の種類は?

毛布ですが今紹介した通り様々な毛で出来ている種類があります。

それぞれによって、名称や○○毛布という風になっており、特徴が違うので好みを見つけてもらうためにも解説していきます。

 

シルク毛布は、何となくわかると思いますがその名称の通り絹を用いた毛布です。

サラサラときめ細かい絹で作った毛布は最高級の毛布と呼ばれ、暖かさとしても優秀と言われています。

しかし、シルクはその性質上、少々値段が高いというのも特徴です。

 

 

保温性が高く肌触りも非常にいい。

ただし、シルク製という事もあり値段が高めで手が出しにくいのがシルク製毛布です。

 

次に解説していくのが、羊毛毛布。

属に言うところのウール毛布ですね。

 

実はこのウール製品が最も毛布の中では高級で、最も暖かい毛布とされています。

暖かく柔らかい肌触りに、弾力の強いことが特徴の毛布。

獣毛製品では最高級であり、その値段はシルクを凌ぐ値段になっています。

暖かさを求めるのであれば、購入をお勧めしますが現実的には高すぎるという印象を受けるのがウール製品。

数年単位で使用を検討するのであれば、そこまで高いとは思わないですけど、毛布に掛ける値段ではない。

値段が馬鹿にならなくてもいいと割り切れるのであれば、ウール製品をお勧めします。

 

次に紹介するのが現実的に機能性が高いアクリル毛布。

名称からなんとなく分かると思いますが、合成繊維と呼ばれる化学で作られた繊維を使った毛布です。

特徴としてはシルク/ウールに比べると値段が安く、機能性や耐久性が高いという事です。

万を超えていた毛布を考えると、非常にお手軽ですし買いやすい商品だといえます。

手軽な価格で購入可能な金額ですし、機能性耐久性を考慮する人にはお勧めなのがアクリル製品です。

防寒性はシルク/ウールに敵いませんが、一般的にはアクリル製が多いと思いますのでお勧めです。

 

最後に紹介するのが、アクリル製と現実的に2択と言える綿毛布。

綿とは名称から分かる通り、綿を用いて作った毛布で俗に言うコットン製品です。

その性質上、アクリル製よりも軽く吸湿性が高い毛布となっています。

その性質上、保温性はアクリル製と大差は有りません。

しかし、綿である為に吸湿性が高いのが特徴です。

肌の潤いを気にする人は注意したほうが良いかもしれません。

 

お勧め毛布は?

これらが代表的な毛布の種類です。

分かりやすいように好みに合わせたお勧め商品を解説します。

 

まず最初に金銭的に何も考えずに暖かさを求めるのであれば、迷わずに最高級製品のウールをお勧めします。

値段が高いですが、相応の保温性を持っているので毛布としての役割を最大限に果たしてくれると思います。

暖かさを求めるのであれば、ウール製品にしましょう。

 

つぎに現実的に値段を考慮する人はアクリル製か綿製品をお勧めします。

この2つは値段的に安いものの、現実的に毛布としての役割を果たしてくれます。

綿の吸湿性が高さが嫌であればアクリル製品を。

吸湿性が高く扱いやすいのを選ぶのであれば綿製品を。

自分の好みに合わせて購入することをお勧めします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現代では非常に多くの種類がある毛布について解説しました。

 

毛布は種類が多いですが、暖かさを求めるのであれば、ウール製品と覚えておきましょう。

最高級であると同時に、毛布としての最大の働きをしてくれるはずです。

現実的な機能性と値段を考慮するのであれば、アクリル製/綿製から好みを選びましょう。

 

実際に店舗で肌触りを確認しながら購入することをお勧めしますが、とにかく毛布が欲しのであればアクリル製をお勧めします。

合成繊維という事もあり、現実的にハズレがないのがアクリル製品なのでお勧めです。

 

冬の時期に寒さを凌ぐ傍観グッズ毛布の種類を解説しました。

それでわっ

健康・生活カテゴリの最新記事