iphone8が売れない理由は?新機能満載のXへのユーザー心理?

iphone8が売れない理由は?新機能満載のXへのユーザー心理?

スマホと言えばのiphoneだと思います。

日本でのシェア率が最も高いスマホであり、アップル社から発売されているスマホです。

 

その最新機種がiphone8。

前作アイフォン7の正当後継機種であり話題になった新スマホです。

しかし、この最新スマホの売れ行きが低迷している事をご存知でしょうか?

アップル社では工場の社員をリストラしたりと、あまりの不人気ぶりに経営が大変になっているそうです。

 

iphoneの最新作8がなぜコケてしまったのか?

その理由を解説していきます。
[cc id=55 title=”目次”]

8のスペックは?

まず最初にアイフォン8の人気がない理由として想定される可能性がある、基本的なスペックを分かりやすく解説します。

 

アイフォンの脳ミソともいえるCPUの性能は前モデル7から70%速度が向上。

高速充電とワイヤレス充電に対応し、充電性能も前作以上に向上。

カメラの解明度、3Dタッチ機能、容量、防水機能については前モデル7と同じ仕様とのことです。


基本的な性能が前のモデルからCPUの処理能力が大幅に向上し、さらに充電性能が向上したモデルがアイフォン8と言えます。

目新しさはありませんが、これまでも新しさを感じないグレードアップはありましたので、今モデル8が性能面やデザイン面で人気がないわけではないと考えられます。

というよりも、人気が出ていない理由は明らかに他のことにあるので解説します。
[cc id=16 title=”アドセンス”]

iphone8が売れない理由は?

アイフォン8が売れない理由は実は明らかです。

その理由というのが、アップル社のアイフォン10周年を記念したプレミアムモデル・iphoneXの発売が控えているため。

予告ではiphone8/Xは同時発売だったのですが、Xに不備があったようで発売が延期されました。

結果として、8が先に発売されXは後に発売されることになり今の8のみが発売されている現状になっています。

 

お気づきだと思いますが、8が売れない最大の理由がXの存在です。

8は前モデル・7の正当アップグレードモデルと解説しましたが、プレミアムモデル・Xには新機能が盛りだくさん。

その為に、8ではなくてXを購入予定の人たちが11月の発売を待ち構え先に発売された8は売れ行きが芳しくないという事になります。

 

このプレミアムモデル・Xに新規追加された機能は盛りだくさんなのですが中でも革新的なのがフェイスID。

これは映画などで、ヒーローたちの秘密基地の入り口や特別な任務を受けている人物たちが入る建物に備えられている顔認証システムです!

持ち主の顔を識別してロックを解除する。

なんと、これまでは映画の中の話でしかなかった機能が自分のスマホに搭載されるんです。

これは、新しいの好きな人や先進技術が好きなにはたまらないですよね。

 

おまけにアイフォンシリーズとしては、初めてとなる前面がほぼすべて液晶になるシステム。

フェイスIDを搭載したことにより、アイフォンに必要だった指紋識別用のホームボタンが無くなりました。

ロック解除はフェイスIDで可能になり、ホームボタンがあった周辺を押せばホームに戻る仕様になっています。

 

これまでのアイフォンとは形状が異なる革新的なデザイン。

前作に搭載されていた指紋認証システム以外はすべてがアップグレードされた機能性。

さらに最新の技術であるフェイスIDを搭載し拡張現実技術・ARや仮想現実・VRが楽しめる機能まで搭載。

 

残念ながらアイフォン8よりも魅力が…

というか比べものにならないほどに魅力が詰まっているのが10周年記念モデルのアイフォンX。

当然といえば当然ですが、アイフォン8を買おうとは思う人は少ないですよね?

これがアイフォン8の売れ行きが伸びない理由です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アイフォン8が発売されるも売れ行きが伸びない理由を解説しました。

 

知っている人からすれば当然というか、アイフォン8を購入するかを悩んだ人からすればXにしようと思うのは当然の流れです。

ただのグレードアップ機種よりも、新機能満載の10周年記念のプレミアムモデル・Xにしようと思うのは当然です。

知れば知るほどに、誰が8を買おうと思うのか?

というか8を買っているのかが気になってしまう内容ですからね。

 

アイフォンの最新モデル8の売れ行きが伸びない理由を解説しました。

それでわっ

料理・文化カテゴリの最新記事