ミスドが経営不振で倒産?食べ放題も不振で新商品の少なさが原因?

ミスドが経営不振で倒産?食べ放題も不振で新商品の少なさが原因?

ミスドことミスタードーナッツをご存知でしょうか?

 

日本に多くの店舗が存在しているドーナツの一大チェーン店。

ポンデリングなど日本人に非常に好まれている

特徴的なオリジナルのドーナツを数多く

販売しているのが特徴です。

様々な種類のドーナツが販売されており時間制の食べ放題も実施したりと食べ盛りの若者にとても人気のドーナツ店でしょう。

 

そんなミスタードーナッツの経営が赤字になり、倒産するかもしれないという話があります。

ミスタードーナツの歴史や現在行っているサービス、倒産する可能性が本当にあるのかを紹介していきます。
[cc id=55 title=”目次”]

ミスタードーナッツの歴史・人気が低迷した理由は?

ミスタードーナッツはアメリカ合衆国で創業されたドーナツ店です。

 

創業したのは1955年。

アメリカのマサチューセッツ州にて創業されましたが、食品メーカーの大手であるアライド・リヨンズという企業に1990年に買収。

その後、ドーナツ店の利権は3つの会社に買収され現代のミスタードーナツとして展開しています。

 

現代でメイン展開されているのは、意外にも日本です。

日本を中心に近隣国やアジアを中心に店舗が展開されており

韓国や台湾、タイ

などのアジアと言えばで国名が挙がる多くの国に出店しています。

 

現代では、全世界には1250店舗を超える店舗が存在しています。

しかし、アメリカで経営が続いている店舗は

1店舗のみ

であり、カナダにあったミスタードーナツは2010年代に全店閉店。

 

日本に住んでいると全世界で展開していると思いがちですが、実のところ

欧米諸国

では、ほとんど店舗が存在していないのがミスタードーナツです。

 

これは、欧米諸国で

ファーストフードへの危険性

という事柄が取り上げられたのがきっかけと言われています。

 

糖質の高いドーナツを食べると太り見た目的にも、健康面でもメリットがありません。

それどころか、健康面に大きな危険性をもたらすという事柄が科学的に発表されたことで一気にドーナツ文化が衰退したと言われています。

食べ放題も不人気な理由は?

ミスタードーナツが2016年の終わりにかけて始めたのが

ドーナツビュッフェ

というドーナツ食べ放題のサービスです。

 

1時間という時間制限こそある物の、ドーナツを

大人1000円、子供500円

で食べ放題でありさらに、100円プラスすることで

飲み放題のドリンクバー

も追加することが出来る事で若者を中心に人気がありました。

 

しかし、このサービスはあまり人気が無く客足の回復には至りませんでした。

その理由は何かといいますと

そもそもお得ではない

という食べ放題の落とし穴とも言える

一見お得だけど実は損している

という事を感じる人が非常に多かった為です。

 

と、いいますのもミスタードーナツで販売されているドーナツは平均すると1個110円程度です。

基本的なドーナツが108円で、高いモノで129円という値段設定になっています。

最近登場したスティックと呼ばれる棒状のドーナツで高いモノでも140円です。

 

こう考えてしまうと1時間で1000円は少々高いですよね?

1時間でドーナツを10個食べないと元が取れないわけですから。

 

果たして1時間でドーナツを10個以上も食べることが出来る人が何人いるのか?

現実体に考えると

1時間に10個も食べることは出来ない

ので、食べ放題という企画ですが割高であると多くの人が気が付いてしまいました。

 

そもそもの問題として健康面での人気離れが原因です。

にも拘らず、始めたのはボッタクリとも言えてしまう食べ放題。

健康面を気にしている人は食べ放題を求め居ない為に、空回りに終わってしまった企画とも言えます。

赤字で破産か?

世界的に観ても日本を中心としてアジア諸国にしか残っていないミスタードーナッツ。

そんなミスタードーナッツことミスドが赤字に転落しています。

 

と言いますのも、ミスドの経営業績は2010年ごろから下降線の一途をたどっています。

10年頃の1300億円程度の収益から16年には915億円

まで低下するという下降線状態。

 

これは炭水化物への危険性などが日本でも取り上げられた時期であり

糖質の危険性

というモノが科学的に証明され日本でもテレビ番組というで取り上げられたことで一気に有名になりました。

 

そういったり理由からもドーナツ店への客足は低迷。

さらに、これに追い打ちをかけるようにセブンイレブンやローソンなどの

コンビニがファーストフードの販売を始めた

事をきっかけに一気に売り上げは低迷し始めました。

 

これが打撃となり低迷していた業績はさらに悪化。

こうした健康面の被害とコンビニでもドーナツが買えてしまう時代になったことで

ミスドの業績は一気に悪化

してしまったというのが現状です。

 

しかし、ミスタードーナッツの業績が回復するという考えをしている人も多いです。

その理由はと言いますと

ミスタードーナッツのドーナツは美味しい

からであり、美味しいドーナツを食べるためにミスドに行く人が多い為です。

 

事実して、ポン・デ・リングなど国民的な知名度を誇るドーナツが数多くあります。

また、日本の芸能人でミスド好きを公言している人も多いです。

今後、テレビ朝日の人気番組

アメトーーク!

などで取り上げられることがあれば、人気は一気に回復すると考えれています。

 

美味しいドーナツと言えばミスタードーナッツ。

業績は低迷していますが、まず間違いなく業績は回復するだろうと考えられています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本で最も知名度の高いドーナツ店であるミスタードーナッツを紹介しました。

 

業績が悪化して居たり、世界的に人気化と思いきや実は日本がメイ市場だったり。

ミスタードーナッツというイメージとは大きく異なる現実が多いのが真相です。

 

言われて見れば私は最近になってドーナツを食べていません。

しかし、ドーナッツと言えばミスドですし、ミスドが好きな友人も多くいます。

業績不振とはいっても、日本で最も知名度はありますし人気のドーナツ店と言えると思うので今後の起死回生の企画に期待しています。

 

炭水化物の少ないドーナツを作ればすぐに人気回復すると思います。

健康面にデメリットの無いドーナツなんて、食べ放題に行きたいくらいですもの!

料理・文化カテゴリの最新記事