ランチタイムの意味と時間は?同僚との関係を築く過ごし方が大切?

ランチタイムの意味と時間は?同僚との関係を築く過ごし方が大切?

日本の飲食店でも多く採用されているランチタイム。

英語圏の言葉ですが日本に根強く根付いた言葉です。

 

そんなランチタイムですが、何となく意味は分かっていると思いますが

正確な意味をご存知でしょうか?

何となくで意味合いを理解している人も多いと思います。

 

また、何時から何時までがランチタイムなのか?

さらには職場では同僚と一緒に食べるべきなのか?

ランチタイムについて気になる事を紹介していきます。
[cc id=55 title=”目次”]

ランチタイムの意味は?

ランチタイムの意味は単純です。

 

英語表記で

Lunch Time(らんち たいむ)

という2語の日本人でも常識レベルの英単語で表現されています。

 

2つの言葉の意味合いを紹介してきます。

Lunchは英語でお昼、昼食

というお昼ご飯を表す言葉です。

 

そして、皆さんご存知だと思いますが

Timeは時間

という意味合いを持っている言葉です。

 

つまり、Lunch timeとは日本語に翻訳しますと

お昼ご飯の時間

というお昼の時間を表している言葉という事になります。

 

日本でも一般生活でお昼の時間帯という意味合いで使われています。

また、日本人でもよく使う英単語2つで作られた言葉という意味合いでも意味を理解できていた人は多いでしょう。

なので、多くの人は理解していたと思いますが

ランチタイムとはお昼時

を表している言葉です。

ランチタイムは何時から何時まで?

日本ではランチタイムことお昼ご飯の時間は、仕事によって大きく事なります。

しかし、飲食店頭ではランチタイムで○○割引やランチタイムセットなどが存在していますよね?

 

では、お昼ご飯の時間を意味する

ランチタイムは何時~何時

を意味しているのでしょうか?

気になる方が多いと思いますので、紹介していきます。

 

まず初めに、ランチタイムの定義は店舗ごとに異なりますが

11時~15時ごろ

という風な時間設定が一般的です。

 

ちなみにですが、日本で有名なファースドフードチェーン店、マクドナルドやケンタッキー等では、大々的に

告知された時間

がランチタイムになります。

 

地域によっても異なりますが、こういった大手企業では

ランチタイム=告知した時間

となっており、同じく朝限定のモーニングサービスも時間限定という事が多いです。

 

では、個人経営だったりチェーン店ではないお店ではどうなっているのか?を紹介します。

基本的には、こういったお店でも告知されている時間がランチタイムです。

当然ですが、お店が規定している時間をランチタイムと扱います。

 

しかし、こういった個人経営のお店では大きく異なることがあります。

それは何かといいますと

ある程度の融通を聞かせてくれる

という事です。

 

通っているお店に時間が遅れてしまっても、頼んでみるとランチタイムを適用してくれたり。

逆に時間の前に来てしまっているけど、頼んだら融通を聞かせてくれたり。

大型チェーン店では融通が利きませんが個人経営など小さなお店では融通が利く

というのも、ランチタイムという時間制サービスの特徴と言えます。

 

ランチタイムは

11時~15時ごろまでの時間帯を指し言ってみれば意外に融通が利くサービス

というのもランチタイムの特徴と言えます。

職場で同僚と一緒に食べるべき?

ランチタイムがお昼の時間だと紹介していきました。

お昼時はお店が込んでいる事や、仕事の合間の楽しみという事もあり

1人の時間を大切に食べたい

という方も多いと思います。

 

お昼の時間くらい個人の時間にしても良いと思います。

ハッキリ言って、この対応は良くありません。

まず間違いなく、職場で浮き陰口を叩かれる対象になるでしょう。

 

現実的に考えてみてください。

定期的に同僚、上司や部下と話す機会はありません。

もちろん、仕事の要件としての話はあるでしょう。

 

しかし、

友人に近い関係

として、世間話などをする機会は仕事中にはありません。

 

つまり、お昼の時間を1人で過ごしてしまうと

せっかくの共に働く社員と関係を気付く機会

を不意にしてしまっているという事になります。

 

お昼の時間位1人になりたい。

そんな気持ちを抱く人は多いと思います。

しかし、お昼の時間は同僚たちと関係を築く最大のチャンスです。

 

この時間を有効に使うことが出来るのか?

ランチタイムという時間を有効利用することで、結果として

過ごしやすい社会人ライフ

を送れると思います。

 

同僚たちとの友人関係をしっかりと築いていくことをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ランチタイムという時間帯と、社会人としての過ごし方を紹介しました。

 

個人などの小さなお店ではランチタイムは融通が利くお店が多いです。

しかし、大手チェーンですと店員もガチガチの対応プランで対応しています。

その為に、時間を少しでも過ぎると適応できませんとしか答えられなかったり…

大手ゆえの欠点もあったりします。

 

また、社会人としてはしっかりと同僚たちとの関係を築く時間にしましょう。

1人になりたいからといって、1人なる時間にしては同僚たちとの関係が築けません。

楽しい職場にすることで、確実に仕事が楽しめるようになるので、ランチタイムは同僚と過ごすことをお勧めします。

 

ランチタイムを有効利用していきましょう。

料理・文化カテゴリの最新記事