幻のカルピスバターとは?4種類の味の違いとお勧めのバターはどれ?

幻のカルピスバターとは?4種類の味の違いとお勧めのバターはどれ?

100周年を迎えるカルピス。

一時は売れ行きが伸び悩んだ過去もありますが、現代では大人にも子供にも大人気の乳酸菌たっぷりの飲料です。

 

そんな大人気のカルピスを作る際に生まれる乳脂肪で作られるバターがある事をご存知でしょうか?

あまり知名度が高くないのですが、非常に美味しく料理人などにも好まれる身体にもいいバターなんです!

とても美味しいバターで一般生活でも使いやすいので、今回はカルピスバターについて紹介していきます!

最初に言っておきますが、カルピスバターと言う名称ではありますがカルピスの味わいはしません!

間違っても子供にカルピスの味がするかもよ!とは言わないようにしましょう。

真顔で私と同じ質問をされることになりますよ。。。
(; ̄ー ̄川 アセアセ

カルピスバターとは?

カルピスバターと言うのは、先ほども軽く紹介した通りカルピスを作る際の乳脂肪で作られたバターです。

 

知名度が低い最大の理由はカルピスを作る際に出る乳脂肪で出来るバターと言っても

カルピス40本分で1箱分(市販分)

のバターしかできないからです。

 

カルピスのバターと聞くと有難いみが薄いと思いますが、その想像よりも希少性が高く少々値段が高価なバターでもあります。

しかし、カルピスを作る際に出る乳脂肪で作るバターには市販されている一般的なバターよりも、味に雑味がなく滑らかな舌触りになっているんです。

牛乳から作るバターよりも、より濃厚でバターという製品としては、数段階上の物がカルピスバターという事になります。

 

紹介しても、一般人からするとそもそもの話としてバター自体が濃厚ですから想像がつきにくいでしょうけどね。

本当に舌触りが良くてクリーミーな味わいのバターに仕上がっていますよ!

料理人も愛用する幻のバター

カルピスバターですが、その美味しさとバターとしての質の高さから料理人にも愛用される代物です。

 

と言いますのも、実はカルピスバターが生れたのは1963年ごろ。

この頃から料理人たちには認められていたのですが、その希少性から業務用バターのみの製造に留まっていました。

業務用バターしか製造されない特殊な販売方法から、一部の人からは幻のバターと呼ばれるほどの存在だったんです。

 

その幻のバターが一般的なお店で販売されるようになったのが2000年を迎えてから。

徐々に一般的なバターを扱うお店にも流通が増えるようになり、現代ではアマゾンなどでも購入が可能になっています!

 

時代が進むにつれ技術が進化していった。

このおかげで現代のように手軽に買えるようになったわけでとても嬉しいですよね♪

お手頃価格でいい素材を使って料理ができるわけですから!

 

とまぁ、購入しようかなと思っている方も多いと思いますのでね。

ここからは4種類のカルピスバターについて紹介していきます!

選べる4つの種類

私は興味が出たので実際に4つのバターを食べてみましたんです。

なので、実際に食べてみた感想と使い勝手がよかったかなど、4種類存在するカルピスバターについて紹介していきます。

特選バター:無塩or有塩

特選バターは無塩と有塩のタイプを選ぶことが出来るその名の通り特選されたバターです。

カルピスバターと言えばこれを指し、最もおいしいといわれるカルピスバターです。

 

また、12ブロックにカットされて1つずつ包装されているバターであり使いやすいのが魅力です。

適量にカットされているので、日常生活で使う際にも手間がかからないのが魅力と言えるでしょう。

 

朝の焼いたトーストに1つ乗せればあっという間に完成するのが魅力ですよ!

あと、バターを使う料理の際に使用個数を決めれるのもメリットです!

ソフトバター

特選バターを柔らかく練り上げてクリーム状になっているのがソフトバター。

元々柔らかくなっているので、トーストなどに塗りやすいのが魅力です。

 

焼かないトーストなど冷たいパンに塗る事も出来るので、使いやすいです。

発酵バター

カルピスバターを発酵させたのが、発酵バターです。

香りや風味が元々のカルピスバターよりも濃厚になっており、濃い味わいが好きな方にはお勧めです。

 

ただ、食べてみた感想としては少し味が濃すぎてバターと言うよりもチーズに近い味わいを感じました。
(´-∀-`;)

ガーリックバター

特選バターにガーリックを練り込んでクリーム状にしたのがガーリックバターです。

ソフトバターのガーリック版と言ったところで、ソフトバターの食感そのままに味わいにガーリックが追加されています。

 

個人的にはハズレ商品で、カルピスバターの意味がなくなっていると感じています。

美味しくないわけではありませんが、これ買うならソフトバターを買う方がお勧めです。

日常生活のお勧め

4種類のバターを紹介しましたので、最後になりますが日常生活でお勧めできるバターを紹介します。

 

私が日常生活においてもっとも使い勝手が良かったと感じたのが特選バターです。

特選バターの特徴は1つの箱に12個に区切られ1つずつ包装されたバターが入っていることです。

 

1つ1つ包装されているので、バターを切る必要がなく1つ開けて乗せるだけでいいのが魅力に感じました。

バターと言うと、料理の際にもトーストに乗せる際にも切るのが手間ですし毎回大きさを図るのも面倒ですからね。

包装されているお陰で1回当たりに使う量がハッキリしますし、自分好みの個数が分かったので非常に使いやすかったです。

 

また比較として紹介したのがソフトタイプ。

市販されているソフトバターと同じように使いやすいのですが、やはり量が分かりにくいこと。

トーストに塗る際に何度も塗ることでソフトの容器にトーストの欠片が入ることなど。

使いにくく日常生活では以外にも使い勝手が悪かった印象を受けています。

 

購入するのであれば小分けされていて使いやすいが特選バターがお勧めです!

家族がいるのであれば間違ってもソフトタイプは買うべきではありません!

まとめ

カルピスバターについて紹介しましたが、いかがでしょうか?

 

いずれのバターも美味しく食べ終えたのですが、やはり一番良い印象を受けているのは小分けにされていた特選バターです。

使い勝手がいいですし、日常生活で使う際には本当に圧倒的な使い勝手の良さを感じました。

購入することを考えている方がいるのであれば、騙されたと思って特選バターを購入することをお勧めします!

 

最後になりますが、全体的な味わいにカルピスは感じませんので子供が喜ぶわけでは無い事を言っておきます!

これ本当にカルピスなの?

って真顔で言われる覚悟はしておいてください。

 

カルピスバターと言う名称ではありますが、カルピスの味わいはしません!

料理・文化カテゴリの最新記事