絹豆腐と木綿豆腐の違いは?2つの豆腐を判断する方法は水分量?

絹豆腐と木綿豆腐の違いは?2つの豆腐を判断する方法は水分量?

日本人が何気なく食べ、世界的に観ても年間の消費量が非常に多いのが豆腐です。

日本の食品業界でも豆腐の生産量と売り上げが高い事は有名だと思います。

 

そんな豆腐の種類として有名なのが

絹豆腐と木綿豆腐

だと思いますが2つの豆腐の違いをご存知でしょうか?

 

知っている様で知らない豆腐の違いとそれを食感だけで判別する方法を紹介していきます!
[cc id=55 title=”目次”]

豆腐の作り方は?

絹豆腐と木綿豆腐の違いを理解するのには

豆腐の作り方

というのを理解するのが重要です。

ここを理解することで2つの豆腐の違いを理解できるのは、木綿豆腐と絹豆腐の違いは製造方法の過程にある為です。

 

知っている方も多いと思いますが、まず最初に紹介するのは豆腐の原料。

これは豆腐という字に含まれている事からも分かる通り

原料は大豆

です。

 

大豆を原料にしていますが、豆腐になった時には既に大豆の形を保っていません。

その理由は豆腐を作る過程にあり

砕いた大豆を煮て濾した豆乳を凝固させる

というのが豆腐の製造方法だからです。

 

大豆が原料ではあるのですが

大豆から取れる豆乳を使う

ので、豆腐の中に大豆の形状を保っている豆は入っていないのです。

 

豆腐の作り方は

砕いた大豆を煮て濾した豆乳を凝固させる

という単純な方法ですが、いったいどこに絹豆腐と木綿豆腐の違いはあるのでしょうか?

作り方の違いを紹介します!

木綿豆腐と絹豆腐の作り方の違いは?

豆腐の作り方を紹介したのですが、2つの違いはどこにあるのか?

その答えは単純なもので

凝固させる際に豆腐の残す水分量

というのが、絹豆腐と木綿豆腐の違いになります。

 

水分量が2つの豆腐の違いと紹介したところで具体的に2つの違いを紹介していきますね!

 

絹豆腐というのは、水分を切る際にその名の通り

絹(布)の上に豆腐を置いて時間をかけて重力のみで水分を切る

という方法をとっています。

 

それに対して、木綿豆腐というのは

布の上に豆腐を置いた後に重石を乗せ強く豆腐を絞り水分を抜く

という方法で作られた豆腐という事になります。

 

つまり、2つの豆腐の違いというのは

作る際に水分をどの程度抜き豆腐の水分量はどの程度あるのか?

という事になります。

 

豆腐というイメージの強い多く水分を含んでいるのが絹豆腐。

逆に水分を多めに抜いているので豆腐にしては固いイメージが強いのが木綿豆腐。

製造過程で水分を抜いた方法というのが2つの豆腐の違いという事になります。

食感で判断する方法は?

絹豆腐と木綿豆腐という2つの豆腐の違いは水分量だと紹介しました。

その為に、当然ながら食感でどちらの豆腐なのかを判断することは可能です。

 

その前に、2つの豆腐がどういった料理に使われているのかを紹介します。

料理に使われている豆腐の食感をイメージすれば違いが分かりやすいからです。

 

水分量を多く含んでいる絹豆腐は

豆腐として、そのまま単品で食べる冷や奴など

に使われ、豆腐の形状のまま食べる機会が多く、水分量が多い豆腐という事もあり柔らかい食感です。

 

それに対して、水分量が少なく硬さがあり形が崩れにくい木綿豆腐は

お味噌汁や麻婆豆腐など

の料理の中の具材として使われる機会が多く、水分量が少ないので歯ごたえを感じるられます。

 

つまり、食感で2つの豆腐の違いを判断する方法は

硬さ

というのが判断材料になり、柔らかければ絹豆腐。

逆に歯ごたえを感じられる硬さならば木綿豆腐という事になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

絹豆腐と木綿豆腐の違いについて紹介しました。

 

普段何気なく食べている2つの豆腐ですが、実は製造工程で豆腐に含ませる水分量というのが違いになります。

2つの違いは水分量なので、食材という意味では食感というのが大きな違いになります。

冷や奴など直接的に豆腐を食べる際には絹豆腐が。

料理の具材として入れる豆腐の場合は硬さがある木綿豆腐が使用されることが多いです。

 

あまり気にしたことが無い人も多いと思いますが、2つの豆腐の違いは製造工程での水分量。

その為に食感が大きく異なるというのが特徴なので、豆腐を食べる際には今食べている豆腐がどちらなのか意識して食べてみるといいと思います。

料理・文化カテゴリの最新記事