ワイヤレス充電の原理と充電時間は?近未来的だがデメリットだらけ?

ワイヤレス充電の原理と充電時間は?近未来的だがデメリットだらけ?

アップルのiphone8やX、さらにはサムスンなどのスマホに搭載されているワイヤレス充電というシステム。

このシステムはその名称の通り、既定の場所やアイテムにスマホを置くだけで充電が出来てしまうという夢のようなシステムです。

 

最新の技術であるが故に、まだまだ体験したことがない人。

使ったことはあるけど、メリットやデメリットがわからない人が多いと思います。

なので、アイフォンXにも搭載されるワイヤレス充電について解説していきます。

[cc id=55 title=”目次”]

ワイヤレス充電の意味と英語では?

最初にワイヤレス充電の大まかな仕組みから解説しますが、その前に名称から解説します。

ワイヤレスは英語でWire lessという風に表現します。

 

観れの通り2つの言葉で表現されているのでそれぞれの意味から解説します。

まずWire(わいやー)は日本でも使われるワイヤーという言葉であり、針金やケーブル上の物を意味する言葉です。

そして、Less(れす)という言葉緒の意味も日本でも使われていますが、少ないや無いという意味合いを持つ言葉です。

 

WireLess充電という言葉はその言葉の意味通り、ワイヤーが無い。

つまり、充電用のコードなしに充電が可能なシステムの事を意味しています。

 

ワイヤレス充電の仕組みとは?

ワイヤーを必要としない充電システムの仕組みですが、科学的にはとても複雑な仕組みが使われています。

しかし、図面にしますと非常に簡単に誰でも理解できるのでこちらをご覧ください。

引用:PowerbyProxi

このように充電用のパットからエネルギーがスマホに送られ充電されていくんです。

イメージ図の通り、充電用のパットから送られスマホに蓄えられると考えてください。

 

科学的には難しいことが電磁場などの難しい現象が使用されています。

しかし、これまでケーブルを通して送っていた電気がパッドからワイヤーを通さずに送られているだけの事です。

行われていることは想像通りだったと思いますが、ワイヤレス充電ではこのようなことが内部的に起こっています。

 

そして、このワイヤレス充電システムは多くのスマホでQi規格と呼ばれるワイヤレス充電システムが搭載されています。

Qi規格とはワイヤレス充電のシステムを作った企業のモノです。

分かりやすく言いますと、企業ごとに同じワイヤレス充電システムでも規格が異なります。

規格が異なるワイヤレス充電システムを搭載しているスマホとパッドでは充電することが出来ないんです。

 

つまり、自分のスマホのワイヤレス充電システム規格とパッドの規格が同じでないと充電できないという事です。

そして、アップルやサムスンなどの世界的なスマホメーカーはQi規格と呼ばれるワイヤレス充電システムを導入しています。

 

メリットはなに?

ワイヤレス充電システムのメリットは実はとても少ないです。

 

明確なメリットは何かと言いますと、パットに置くだけで充電出来る事。

現在の技術では、ケーブル充電に比べてのメリットは、せいぜいこのくらいのモノ。

お金のことを考えなければもう少しまともなシステムになるのですが、現在のワイヤレス充電システムにメリットはほぼありません。

[cc id=16 title=”アドセンス”]

デメリットと注意点は?

ワイヤレス充電システムのデメリットの解説になります。

 

まず最も充電という意味で大きなデメリットが、ワイヤー充電に比べると充電時間が長い事。

つまり、充電に時間が掛かりワイヤーの方が充電するのが早いという事態に陥ります。

現在では高速/急速充電というシステムがあるので、充電にかかる時間はより明確に長く感じてしまうのがデメリット。

 

そして、もう一つのデメリットが充電中に動かせないこと。

先ほど解説した通り、ワイヤレス充電システムはパッドに置く必要があります。

その為に融通の利くケーブル充電とは異なり、一定距離にスマホとパットを近づける必要がありスマホを操作しながら充電ができません。

もちろん、パットに置きながらは操作できるのですが、スマホゲームなど手に持つ必要性があるゲームは出来ません。

 

最後のデメリットがスマホに金属のアイテムが装飾されていると充電できないこと。

ワイヤレス充電は電磁場を使って充電するために、スマホとパットの間に金属があると充電が上手くいきません。

金属以外にも、使っているスマホケースにICカードが入っていたりする場合も充電が上手くいかない場合があります。

 

このようにワイヤレス充電はシステムが新しいために問題点も多くあります。

その為、メリットよりも明確なデメリットが多くなってしまいデメリットだらけのシステムとも言われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最新のアップル社のiphoneXなどにも搭載されているワイヤレス充電システムを解説しました。

 

ワイヤレス充電と聞くと心躍りますが、実際のところケーブル充電に比べてメリットはありません。

それどころか、急速充電というシステムがケーブル充電に存在していることからデメリットが目立つ始末。

充電中に動かせないこと、充電が上手くいかないことなど。

様々なデメリットが生じてしまうのがワイヤレス充電です。

 

メリットと言えるメリットは実のところ、ワイヤレス充電であるって事くらいです。

近未来的な充電方法であり、新型スマホっていう雰囲気が出るくらい。

このシステムを搭載したアップル社が地に落ちたといわれる所以の1つでもあるでしょう。

近年の確信性の無さにはガッカリしているiphoneユーザーは多いと思います。

 

iphoneにも搭載されるワイヤレス充電システムの解説でした。

料理・文化カテゴリの最新記事