爪楊枝だけで簡単!電子レンジで卵を爆発させない裏ワザ!

爪楊枝だけで簡単!電子レンジで卵を爆発させない裏ワザ!

今日何気なく電子レンジを使っていてふと頭をよぎったのが

 

電子レンジで卵を加熱すると爆発する!

 

ということなんです。

 

 

皆さんもよく耳にする話だと思いますが、実際にやってみたことが無い人が大半ですよね?

 

実際のところ私もやってみたことがありませんし、正直言ってなんで爆発するのか知りません。

 

 

爆発するのはなんでだろう?
(; ̄ー ̄)…ン?

 

って気になったと同時に、電子レンジで茹で卵を爆発させずに作る方法などを色々と調べてみました!

 

意外な結果が待っていたので、紹介していきますね♪

電子レンジで卵が爆発する理由

電子レンジで卵を加熱すると爆発する理由。

 

 

それは

 

電子レンジが出すマイクロ波は水分を温める特性がある為

 

であり、これが原因となり卵の中身が過熱され内部が非常に高圧になり沸点があがり

 

内部の圧力が殻を内側から破る

 

ことで爆発が起こっています。

 

 

簡単に言いますと電子レンジで温めたことで、卵の中身が膨張!

 

その結果、卵の殻が中身の膨張を抑えきれずに爆発するというのが理論です。

 

 

間違っても電子レンジに卵はいれないようにしましょう!

ゆでた後の卵も爆発する!

電子レンジで卵を加熱しても爆発しない方法を紹介したのですが、先に注意点を紹介します!

 

意外に知らないと思うのですが、実は卵はゆで卵でも電子レンジに入れると爆発するんです!

 

 

ここで言っているゆで卵とは、完全に茹で終わったゆで卵の事。

 

黄身も白身も塊、爆発なんてしないと思う方も多いと思いますが、爆発します!

 

 

なぜかといいますと先程紹介した通り、卵が電子レンジで爆発する理由は中の水分が理由の為です。

 

ゆで卵になっても中に水分は残っており、それが過熱され膨張!

 

結果として、生卵と同じく爆発するという理論です。

 

 

本当に爆発してしまうので、注意してくださいね。

 

 

ちなみにですが、ゆで卵を温めたい場合には卵の中心に穴をあけておきましょう。

 

そうすることで、膨張圧力が逃げる道が出来て爆発しません。

電子レンジでゆで卵の作り方

電子レンジでゆで卵を作る方法を紹介します。

 

 

作る方法は簡単で、卵をアルミホイルで包んでください。

 

その後、アルミホイルで包んだ卵を耐熱性の容器に居れ、しっかりと埋まる様にたっぷりの水を注ぎましょう。

あとは、簡単。

 

5分程度電子レンジで加熱すれば半熟のゆで卵の完成です。

 

 

電子レンジは同じW、時間に設定しても性能でもある程度の差が出てします。

 

ですので、ご家庭の電子レンジで各自試してほしいのですが大体の時間としては

 

5分でとろっとろの半熟ゆで卵。

 

7分で中がとろけているゆで卵。

 

9分で中もしっかりと固まっているゆで卵。

 

が完成します。

 

 

私の家での奴でのデータですが、参考までに作ってみてくださいね。

 

また、不安だという方は現代ではこういうのも販売されていますので使ってみると良いと思います。

 

 

使用方法をしっかりと観て使ってみて下さい。

 

私は買ったっきり1度しか使っておらず、普通に沸騰させたお湯で作ってますけど。。。(笑)

電子レンジで目玉焼きの作り方

電子レンジでゆで卵を作る方法を紹介しましたので、ここからはスピンオフ的に目玉焼きの作り方の紹介です。

 

 

ここまでの流れで分かると思いますが、生卵をレンジで目玉焼きにしようとしてもそのままだと爆発します。

 

卵の膜で中の圧力が逃げられない為に一定の領域で爆発するという仕組みです。

 

 

では、電子レンジで目玉焼きを作る方法を紹介します。

 

目玉焼きを作る方法は簡単で

 

耐熱皿の上に生卵を置き黄身に爪楊枝で2個程度穴をあける

 

という工程をした後に電子レンジで加熱してください。

 

 

爆発することなく電子レンジで目玉焼き作ることが出来ます。

 

フライパンでやった方が美味しいと思いますけどね…(笑)

まとめ

電子レンジで卵が爆発する理由は中身が膨張する為。

茹で終わった卵も爆発する。

爆発を防ぐには卵に穴をあければいい。

 

 

意外に単純な方法で爆発を防ぐことが出来ますので、是非やってみてくださいね。

 

実用的かといわれると微妙なところですが、電子レンジでやるしかないというときが来るかもしれないので覚えておいて損はないでしょう。

 

そこまでメリットもなさそうですが、覚えておいて損はないはずです。。。(笑)

料理・文化カテゴリの最新記事