冬場のバイクにお勧めな服装は?防寒対策を意識したグッズを紹介!

冬場のバイクにお勧めな服装は?防寒対策を意識したグッズを紹介!

冬場というただでさえ寒い季節にバイクに乗る方も多いと思います。

仕事に行く為だったり、遊びに行くときだったり冬キャンプをする為だったり。

様々な理由で冬場にバイクを使っている人はいるでしょう

 

そんな人たちの共通の悩みというのが

冬場にバイクに乗る時乗る服装

ではないでしょうか?

 

寒い時期に風に当たりまくるバイクという乗り物に乗る際のお勧めの服装の選び方を紹介していきます!
[cc id=55 title=”目次”]

冬場のバイクの服装で注意点は?

冬場のバイクの服装というので注意すること。

それは、実際にバイクに乗っている人なら分かると思いますが

如何に寒さを凌げるのか?

という事で、防寒対策というのが最大の注意点でしょう。

 

防寒対策が甘い服装での

隙間から冷たい風が入り体温が下がる

という事が冬場のバイクでの最大の注意点です。

 

隙間風によって体温が下がり風邪をひいてしまうのは勿論。

体温が下がり判断力が低下した結果、事故にあってしまったりもするでしょう。

冬場の寒さが危険な理由は体温が下がることで様々な危険が待ち受けているからです。

 

様々な理由がありますが

寒いから対策する

というだけではなく、体温を下げないという事を意識して防寒用の服装を選ぶのが大切と言えます。

冬場にお勧めなバイク用の服装は?

冬場のバイクの服装は保温性を意識することが大切だと紹介しました。

暖かくすることで寒さが原因の事故や病気を防ぐためです。

 

バイクという風に当たりやすい乗り物で冬場に体温を保つにはどうしたらいいのか?

そのお勧めの服装を部分ごとに紹介してきます!

上半身の服装は?

上半身の服装でお勧めなのは

インナーとアウター

という2つの部分に分けて服装を用意することです。

 

これはどういう事かといいますと

2重に洋服を着る

という単純ながら効果が高い防寒対策です。

 

冬場のバイクの服装に2重の服。

アウターとインナーを採用する方に、それぞれに求めてほしい性能を紹介します。

 

まず最初に最も外に着るアウターに求めて欲しい性能。

それは、単純ですが

雨風を通さない素材

で、バイク用のカッパなどの延長線上にある服をお勧めします。

 

そして、中に着るインナーという服装には保温性の高い素材で作られている

ヒートテック

などがお勧めです。

 

ヒートテックなどの保温性の高い素材の欠点は何でしょうか?

実際に持っている方は知っていると思いますが

保温性の高さゆえに水分を吸収してしまう

ということでしょう。

 

バイクに乗る際のヒートテック単体では役に立ちません。

しかし、最も外のアウターに雨風を通さない素材を採用することによって

水分を通さないようにすることで

ヒートテックなどの保温性に優れている服装をインナーとして使う事が出来ます!

 

冬場のバイクの上半身の服装としては

雨風を通さないアウター&ヒートテックなどの保温性の高い服

というのが私のお勧めになります。

下半身の服装は?

下半身の服装は中型バイクなどではシフトチェンジの際に動かします。

その為、あまり防寒に特化してしまうと動かしにくいというデメリットもあるので注意深く下半身の服装は選びましょう。

 

といいますのも、そもそもバイクの際に防寒を意識する理由は何でしょうか?

その理由は寒さによって病気にならない様にしたり、事故につながらない為の防寒です。

なので、防寒対策に意識し過ぎて運転性能が低下する服装は本末転倒という事になります。

 

そういった理由もあり防寒を意識したバイクの下半身の服装でお勧めなのが

普段のズボンの下にヒートテックなどを着る

という単純な方法です。

 

先ほど紹介した通り、ヒートテックは水分を吸収してしまいます。

その為に、上半身ほどの保温性は保てないのですが

それでも確かな効果が期待できる

ので、普段使用しているズボンの下にヒートテックを着込みましょう。

 

科学の力で保温性を実現しているヒートテックは侮れません。

その他の細かな防寒グッズ!

冬場のバイクに乗る際にお勧めの上半身と下半身の防寒着を紹介しました。

ここからは、首回りや足周りの防寒グッズを紹介します。

 

まず最初にお勧めなのが

マフラー

というバイクのではなく首回りに巻くマフラーがお勧めです。

単純に肌寒さを緩和してくれますし、首筋から身体に入ってくる風を、想像以上に防いでくれるのでお勧めです。

 

次にお勧めなのが持っている方も多いと思いますが

冬場用の厚い手袋

で、厚さを意識した手袋を使用することで、手の寒さを感じなくなります。

操作ミスがなくなるので、冬場のバイク運転には必須と言って過言ではないでしょう。

 

最後にお勧めしたいのが

で、冬場様に厚い靴を採用することをお勧めします。

防水と記載されている靴などは特にお勧めです。

 

上半身と下半身だけではなく、隙間から入る風にも対策を講じる事がお勧め!

こうすることで冬場のバイクも夏場と変わりのない運転ができるはずです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冬場のバイクのお勧め服装を紹介しました。

 

上着やズボンなどには防水と記載されているグッズがお勧めです。

手袋なども出来る限り水分を弾く防水系のモノを意識して選んでいくのがいいでしょう。

また、直接外に出ない部分には科学的に暖かさを実現しているヒートテックなどがお勧め!

ヒートテックなんて…と思っている方も多いと思いますが性能は驚異的なので騙されたと思って是非一度は使用してみてください。

 

寒さにしっかりと対策を取って冬場のバイク運転も安全運転を心掛けましょう!

健康・生活カテゴリの最新記事