育児休暇目的の保育園落選】女性差別を助長していることに気が付くべき!

育児休暇目的の保育園落選】女性差別を助長していることに気が付くべき!

一時期話題となった『保育園落ちた日本死ね』というフレーズ。

保育園の落ちたのは日本の保育制度が悪いというニュアンスでつづられた話が有名になりましたよね。

そんなことがあってから数年。今となっては懐かしいフレーズなのですが、ここ数年では逆に保育園に落ちる事を目的にした人たちが台頭しています。

 

子供を預かってもらえる保育園になぜわざと落ちたがる人たちが急増しているのか?

今回は現代の日本で実際に起こっている奇妙な現象。

保育園の落選狙いとそれがもたらすであろう今後の被害について考えていこうと思います。

保育園落選狙い:目的は休暇延長

保育園落選を臨む人たちの狙いは

育児休暇の延長

にあります。

 

育児休暇と言うのは会社に勤めていた女性が育児のために休暇を貰う事です。

育児をするために会社を一定期間休めると同時に会社を休んでいてもお金がもらえるので、女性からすると非常に嬉しい制度です。

 

この育児休暇の延長を使えば保育園に落ちたので育児のために育児休暇の延長が必要であることを会社に申請すればより長い期間育児に励むという名目で会社を休みながらお金を貰えるという事になります。

 

これを目的として現代の全国各地で保育園の当選ではなく保育園の落選を目的にした保育園への申請が急増しています。

やる側としてはメリットが多いですが現実的に観ると女性には非常にデメリットが大きい事柄と思えるので、その辺を触れていきます。

育児休暇:女性差別の盾

保育園の落選通知を得る事により育児休暇の延長申請を通す。

この事によって、育児休暇を延長できるわけで実質的なメリットがあるのは分かると思います。

仕事を休み育児をすることでお金を貰えるわけですから、このメリットは大きいです。

 

しかし、こういった事態が続くことでどんなデメリットが出てくるのか?

それは明白で男女差別がより大きくなることを意味します。

 

人を雇用する企業の視点で考えれば分かると思いますが、育児休暇を取っている人に給料を払うメリットはありません。

実質的に仕事をしていない人にお金を払っているわけですから、企業側からすれば何のメリットもなくただのデメリット状態です。

無駄にお金を支払っているわけですからね。

 

多くの企業はこの事を想いながらも現代の女性差別と言う盾が有力な力を発揮している時代では企業はこの事に触れません。

これは育児休暇撤廃を求めれば『女性差別だ!』と社会的地位を失いかねないからです。

 

でも、もし今後女性差別を撤廃に対し本格的に動き出す人が出て来た場合。

妊娠~育児までの休暇を無駄に取っていた人が多ければ多いほどに社会での女性の立場は悪くなります。

当然ですが、育児に掛かる日程は科学的に平均値が出せますし、わざと保育園に落選していた人たちのデータは確実に保管されています。

 

その為、現代のように女性の権利だと言わんばかりに『誰から観てもズルい』行為をやっていく女性が増えれば必然的に女性が損をするわけです。

 

女性は妊娠や育児に時間を割くから企業で雇いたくない。

どうせ辞めていくんだからまともに教育したくない。

妊娠や育児を理由に休むのだから男性と同じ給料を払うのはそもそもおかしい。

 

挙げればきりがないですが、様々な理由で女性が働く場は失われていくでしょう。

現代のように明確なズルが増えれば、増えるほどに女性の立場は危うくなる。

この状況を女性が正しく認識しない限り、女性差別は無くならないしそもそも女性差別を間違えた捉え方をしている女性が多いのが問題でしょう。

まとめ:女性差別を助長している

今回の事件と言うか騒動を行っている女性たちには、女性差別を助長しているという事に気が付いてほしいです。

こういった女性の権利を強引に行使する人が増えれば増えるほどに、女性差別はより深刻になっていくのは明白です。

女性差別に関しての不満を言葉にはしなくても不満は確実にたまっていっているわけですからね。

 

使える権利を使うのは自由だと思いますが、それが女性差別に直結している理由だと理解してほしいとは思います。

短期的な利益はあるでしょうが、長期的に見れば同じ女性が確実に苦しむ羽目になる。

自分よければすべてよし。

そういう考えで繊細な問題を利用して楽をするべきではないと言っておきます。

 

誰がどう考えても、育児休暇を伸ばすこの方法はオカシイしズルいというのは分かるはずですから。

本当に男女平等な社会を望むのであれば、ズルい事はするべきではありません。

分かり切っていることですが、女性差別が意識されている今だからこそしっかりと意識をもった行動が必要だと言っておきたい!

健康・生活カテゴリの最新記事