受動喫煙のリスクは?電子タバコ・アイコスも副流煙で害をバラまく?

受動喫煙のリスクは?電子タバコ・アイコスも副流煙で害をバラまく?

東京オリンピックを機に室内禁煙を全国に定着させようとする動きがあります。

日本以外の先進国では、たばこに対する考えが非常に厳しいために欧米諸国と同じ水準の禁煙水準にしようというのが目的です。

また近年では日本でも、受動喫煙の危険性を理解する人が増えてきたのも室内全面禁煙を試行しようとしている理由の1つでしょう。

 

タバコの喫煙者が世にバラまく危険物。

受動喫煙の危険性について解説していきます。

また、近年流行している電子タバコ・アイコスも受動喫煙の危険性あるのかも解説します。

[cc id=55 title=”目次”]

受動喫煙は喫煙者よりも危険?

受動喫煙が喫煙者よりも危険性が高い理由を解説していきます。

 

まず最初に受動喫煙とは、非喫煙者の人が喫煙者がバラまいている有害物質・タバコの煙を吸ってしまう事のこと言います。

受動喫煙の被害は喫煙者と同じ、もしくは喫煙者以上の被害を受けると言われています。

 

たばこを直接吸っている喫煙者以上の被害を受ける理由はたばこの仕組みを知れば単純に分かります。

タバコは手に持ったり口で咥える部分がフィルターと呼ばれています。

フィルターとは、その名称の通り吸っているタバコの煙を緩和するための物です。

種類によっては、メンソールが入っていたりとタバコの味にアクセントを加えるタイプの物もあります。

 

と、たばこの仕組みを理解したら受動喫煙者の方が被害が大きい理由が分かりますよね?

喫煙者はフィルターを通して緩和した煙を吸い、受動喫煙者はフィルターを通していない煙を直接吸うため。

もちろん、吸っている量を考えれば考えれば喫煙者の方がリスクは高いです。

しかし、仮に同じ量の煙を吸った場合を仮定すればフィルターを通していない受動喫煙者の方が危険性が高い事は理解できると思います。

 

なにより問題なのは、健康を考えてタバコを吸っていない人が喫煙者によって死に近づけられているという事でしょう。

喫煙者がタバコで癌なり、他の疾患で死ぬことは依存症を解決しない当人の自業自得。

人としてどうなのかと喫煙者たちが考えなければならない事案でしょう。

 

受動喫煙で起こる事は?

受動喫煙が喫煙者よりも危険な可能性が高いと解説しました。

ここからは受動喫煙によって起こる身体的症状を解説していきます。

 

受動喫煙とは喫煙者の煙を吸ってしまう事だと解説しましたので、起こる現象も想像が付くと思います。

受動喫煙で起こってしまう身体的な症状は、喫煙者と同じく大きくはガンになる可能性です。

喫煙者の肺は真っ黒になり、肺の機能を大幅に低下させてしまいます。

肺の機能が大幅に低下し、肺がんになるリスクが200%も向上します。

肺がんが発症してしまうと、ほぼ助かりません。

つまり、肺がんになる確率が2倍になっているという事は死亡率が2倍になっているという事になります。

 

ここまで受動喫煙は、たばこを吸っていないのに喫煙者と同じ状況になってしまうと解説していきました。

非喫煙者の人でも喫煙者と同じ様な肺になってしまい、肺がんのリスクを大幅に向上させてしまっているのが受動喫煙です。

 

アイコスでも受動喫煙する危険性?

アメトーーク!で紹介されてから煙が少ない、有害物質90%カットなどで話題を呼び一気に人気に火が付いたのが電子タバコのアイコス。

非喫煙者の人でも耳にしたことがあるほどに話題になった商品です。

そんなアイコスですが、近年になり発癌物質がタバコよりも多く高濃度に含まれているということで話題になりました。

アイコスに発ガンの危険性?タール数ニコチン数をひた隠しが真実?

 

そんなアイコスですが、実は煙が見えていないだけで受動喫煙も発生しているという話をご存知でしょうか?

危険性を発表した研究者チームが発表した内容には、電子タバコの危険性は未知数であることが指摘されています。

その中には、直接吸っている人だけではなく周りにいる人にも危険性があるのでは?という内容の話もありました。

[cc id=16 title=”アドセンス”]

これに対し、アメリカに本社を置くアイコスの販売会社は完全否定。

発ガン物質が紙たばこよりも多い事実も受動喫煙の危険性も一切ないと回答しています。

 

しかし、アイコスもタバコと同じ物であり人が吸った後の息に物質が含まれていないというのは疑わしいですよね?

仮に息から有害物質がゼロだというのであれば、有害物質が全て喫煙者に吸収されているということになりますから。

果たして、発がん物質を含む有害物質が全て吸って吐くという行為の中で体内に吸収されるのか?

率直に言って信じられないというのが大半の意見だと思います。

 

なにより言いたいのが、アイコスの販売企業はタバコに含まれているニコチン数もタール数も明かしていません。

もちろん、この事は法的に明かす義務がないので問題はないのですが、果たしてそんな企業の言い分を信じられるのか?

信じられませんよ。

気にしている人がいるかもしれないけど、義務が無いから提示しないって言う企業の言い分なんて信じられません。

 

販売源の企業は安全だと言っていますが、科学者の研究チームはアイコスに限らず電子タバコに危険性が眠っていると宣言しています。

本当に安全なモノであるのかをしっかりと科学者が断言するまでは、電子タバコは受動喫煙の危険性もある危険な物と考えたほうが良いでしょう。

タバコと同じく子供や妊婦が近くにいる場合には、吸う事を控えたほうが良いと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

受動喫煙の危険性についての解説しました。

 

見るからに周囲に迷惑をかける紙たばこだけではなく、煙が見えないアイコスも受動喫煙の危険性があるんです。

有害物質90%カットを謳っていたモノの、発癌リスクは紙たばこを上回るという話も出ています。

健康に気を使ってたばこからアイコスに乗り換えた人は、電子タバコの危険性をしっかりと考える必要があると思います。

 

また、周りにアイコスを吸っている人がいる場合も注意しましょう。

タバコと同じどころか、発がんリスクはタバコ以上のモノなので、受動喫煙の危険性も高まります。

吸う人も吸わない人も、アイコスはタバコと同じ、もしくは以上の危険性を秘めている物だと認識し警戒しましょう!

 

受動喫煙の危険性とアイコスによる受動喫煙の危険性の解説でした。

それでわっ

健康・生活カテゴリの最新記事