喫茶店と純喫茶とカフェの違いは?お酒を提供できるお店に注意!?

喫茶店と純喫茶とカフェの違いは?お酒を提供できるお店に注意!?

時間を潰したりのんびりしたいときに入る事が多いのが喫茶店だとい思います。

喫茶店と言えばコーヒーなど落ち着ける飲み物や、ほっと出来る食べ物を思い浮かべますよね。

 

そんな喫茶店なのですが、現代では大きく2つの喫茶店が存在しています。

その2つの喫茶店というのは

喫茶店と純喫茶

という純が付くかつかないかの喫茶店です。

 

気が付いたら2種類登場していた喫茶店。

喫茶店と純喫茶の違いは何なのか?

ついでにカフェとの違いは何なのか?

ふとした時に気になる事柄を分かりやすく紹介していきます。

[cc id=55 title=”目次”]

喫茶店の意味と定義は?

喫茶店と言えば思い浮かべるのはコーヒーですよね?

お店ごとに異なる豆を使った独特のコーヒーがあり落ち着いたお店という印象が強いと思います。

 

そんな喫茶店ですが定義としては

コーヒーや紅茶などの飲み物と軽食やお菓子

を提供するお店という風に決められています。

落ち着いた午後の時間帯を優雅に過ごすお店という事になります。

 

軽く紹介した通り喫茶店というのはイメージ通りコーヒーや紅茶などの飲み物が主体です。

しかし、実は喫茶店では

お酒などのアルコール類

を提供することもあるという特徴があります。

 

アルコールという成人以上が飲むことの許されている飲み物が提供されるスペースでもあるんです。

喫茶店というのは

アルコールを扱う軽い食事や時間つぶしが出来そうな

ゆったりとした飲食店の事を指しています。

 

純喫茶の意味と定義は?

喫茶店の定義を紹介したので純喫茶の定義は既になんとなく分かると思います。

 

既に予想している方も多いと思いますが

純喫茶はアルコール出さないお店

の事を指しています。

 

コーヒーや紅茶といった飲み物にケーキなどのお菓子。

オムレツなどの軽食と言える食べ物を出す点では同じなのですが

純喫茶にはお酒はない

という特性があり純粋な喫茶店と文字にするとおり多くの人がイメージする

喫茶店

であるイメージ通りの喫茶店が純喫茶だと言えます。

 

また、お酒がない事はただの拘りと思う方も多い思います。

しかし、法的にお酒を扱うお店である喫茶店を開くには

飲食店営業許可

が必要でありお酒を扱わない純喫茶は

喫茶店営業許可

の取得が必須であるという風に法的には大きな差異があるのが特徴です。

 

喫茶店と純喫茶では法的に大きな差があり

経営者の方向性が全く違う

という特徴もあるので、喫茶店と純喫茶を混同しないことに注意しましょう。

 

特に未成年の子供は純喫茶であれば安全ですが

喫茶店ではお酒を扱うお店なので酔っ払いに絡まれる危険性がある

という事をしっかりと理解させたほうが良いでしょう。

 

出来る限り純喫茶以外に行かせるべきではありません。

カフェの意味と定義は?

まず最初にカフェというのはフランス語です。

カフェと聞いてイメージするのは喫茶店や純喫茶と同じくコーヒーや紅茶だと思います。

 

しかし、実のところカフェの特徴というのは

アルコール類を出す

というところです。

意外かもしれませんがカフェというお店でもアルコール類を提供しているんです。

 

言ってしまえば

カフェとはフランス語の喫茶店

なので、当然ですが内容は喫茶店と内容は変わりません。

 

当然ですが営業の際に取得する許可もカフェは

飲食店営業許可

というアルコール類を取り扱う喫茶店と同じ許可が必要とされています。

喫茶店、純喫茶、カフェそれぞれの違いは?

ここまで似通った3種類の飲食店を紹介しました。

それぞれの特徴を紹介したので、違いについて紹介していきます。

 

まず最初に基本的に提供されている商品は同じです。

コーヒーや紅茶といった落ち着ける飲み物。

そして、オムレツなどの軽い食べ物にケーキなどのお菓子などなど。

落ち着ける空間が喫茶店やカフェ、純喫茶と呼ばれるお店です。

 

3種類の内、喫茶店とカフェについては違いはありません。

有るとすればその名称であり

日本語か?フランス語か?

という点でしかなく客に与えるイメージの差というのが喫茶店とカフェの差であると言えるでしょう。

 

そして、喫茶店とカフェに共通しているのは

アルコール類を提供するお店

という事であり、お酒を出すお店でもあるという事です。

 

これに対し純喫茶のお店は

アルコール類を出さない

お店であり、そもそもアルコール類を取り扱う許可を持っていません。

 

大きな差というのはアルコール類という大人の飲み物があるのか?

それともアルコール類を扱わず子供を安心して連れていける飲食店なのか?

これが大きな違いと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ふと気になると違いが気になって仕方がない喫茶店と純喫茶、そしてカフェの違いを紹介しました。

 

それぞれの大きな違いは喫茶店とカフェはアルコール類を扱う大人のお店。

それに対して喫茶店は子供でも安心して行けるアルコール類を取り扱わないお店です。

 

カフェというお店にアルコール類がない場合も多いですが街並みにあるカフェにはやはりアルコール類が多いのも事実です。

子供を一人で行かせる場合にはできる限り純喫茶というお店に行くように言っておくといいでしょう。

また本当に疲れていてゆったりしたいという場合にも純喫茶がお勧めです。

喫茶店やカフェだとアルコール類で酔っぱらった人が騒いでる可能性もあるからです。

 

ゆったりしたいのであれば純喫茶に行くことを心掛けるのがいいでしょう。

料理・文化カテゴリの最新記事