ファーストフードのチキンのおすすめは?特徴を理解して系列を選べ!

ファーストフードのチキンのおすすめは?特徴を理解して系列を選べ!

少し前になりますが、コンビニ系列のチキンがどこ産なのか?を紹介しました。

コンビニのチキンはやばい?産地はどこで品質と安全性は信頼できる?

なので、今回の記事ではファーストフード店のチキンがどこ産かを紹介していきます。

 

ファーストフード店はコンビニよりも

値段が高く美味しくチキンを食べられる

と言う特徴もあり、ファーストフード店は小腹が空いたから食べるコンビニのチキンとは異なり、チキンを食べに行く場所ですからね。

 

そういった事からもどの系列が美味しいのか?

それぞれのチキンの味わいはどのように異なるのか?

そして、原料としているお肉はどこ産のお肉なのか?

 

ファーストフードのチキンについて紹介していきます!
[cc id=55 title=”目次”]

ケンタッキーフライドチキンのオリジナルチキンは?

言わずと知れた最強のチキンを主体にしているファーストフード店がケンタッキー・フライド・チキン!

CMもたくさん流れていますし、チキンと言えばケンタッキーと言う認識が日本では強いです。

 

それに、安心して食べられるチキンを販売しているお店でもあるので

安心して美味しいチキンを食べれるチキン屋

というイメージが強く根付いていると思います。

 

250円で販売されているケンタッキーオリジナルチキンについて紹介していきます!

味の特徴はどんな美味しさ?

味わいの特徴としては、ケンタッキー創設からある

オリジナルチキン

の味わいが特徴的だと思います。

 

オリジナルチキンはその名の通り

ケンタッキーのオリジナルスパイス

が効いていて、オリジナルスパイスの独特の風味がケンタッキー最大の味わいだと思います。

 

独特の風味を持ちながらもスパイスの風味が強すぎず

かぶりついた時に溢れだす肉汁と絶妙なマッチ具合

で安定した美味しいチキンと言うバランスの取れた味わいです!

 

ケンタッキーの美味しさの特徴としては安定したバランスと肉汁と言うのが特徴だと言えるでしょう。

チキンは原料はどこ産?

部位が選べるという特徴がある店舗であり耳にしたことがあると思いますが

原料は基本的に日本産

のチキンを使っています。

 

オリジナルチキンは日本産!

というフレーズを耳にしたことがあると思いますが、宣伝通りオリジナルチキンは日本産のお肉を使っているとのことです。

例外としてオリジナルチキン以外のお肉に

本店があるアメリカ産のチキン

を使用しているとのことです。

 

その名の通りアメリカのケンタッキー州で生まれたチキン屋さんなので、ケンタッキーとしては

アメリカ産に拘りたい

と言うのが本音なんでしょう。

 

それでも海外の肉に不安を感じやすい日本人を考慮して日本産を使用しているようです。

ロッテリアの絶妙チキンは?

日本人にとってはロッテリアはハンバーガー屋というイメージが強いと思いますが

絶妙チキン

というオリジナルのチキンも販売しています。

 

ケンタッキーと同じくファーストフード店のチキンであり、私のお勧めのチキンでもある260円で販売されている絶妙チキンを紹介します。

味の特徴はどんな美味しさ?

絶妙チキンの味の特徴としてはその名の通り

絶妙な味わいのチキンである

と言うのが最大の特徴だと思います。

 

風味という意味合いではチキンと言う洋風な食べ物でありながら

日本特有の醤油に近い味わい

と言うのが風味の特徴です。

 

スパイスよりも醤油の味が強く前面に押し出されている印象で

醤油特有の塩っけが強い

ので日本人としては、どこか懐かしい味わいでもあると思います。

 

和風を感じられるチキンが食べたい!

そんな方にはお勧めのチキンが絶妙チキンです!

チキンは原料はどこ産?

ケンタッキーは日本産の肉に拘っていましたが、ロッテリアのチキンは

タイ産と中国産を使っている

そうです。

 

ファーストフード店の系列に限らずコンビニ系列でもタイ産や中国産のチキンを使用しているので

安全面は心配ない

ので、チキンの原料が日本ではないからと言って不安を抱く必要はありません。

 

当然ですが、どの国でも真面目に仕事をしている人はいますからね。

安全面に気を付けて企業の人が仕入れ先を決めているので

日本産じゃないから危ないという不安は抱かなくていい

ので安心して食べてください。

モスバーガーのモスチキンは?

最後に紹介するのがファーストフード店でチキンを扱っているモスバーガー。

こちらもロッテリアと同じく

ハンバーガー店のイメージが強い

のですが、ちゃんとしたチキンも取り扱っています。

 

モスチキンと言う系列名を冠した270円のチキンを紹介します!

味の特徴はどんな美味しさ?

モスチキンの特徴と言うのは形状であり

2社に比べて平べったく大きなチキン

であるというのが特徴と言えます。

 

他者のチキンは厚みを出すことで

がぶりついた時の肉汁

と言うのに拘っているのですが、モスチキンはカブリついても肉汁はそこまで出ません。

 

しかし、平べったくしている分

他社よりも大きなチキン

であり食べ応えとしては他社よりも満腹感を感じられるというのが特徴です。

 

そして、平べったく肉汁が少ないので

クリスピー感

と言うのを感じられるので、サイドメニューとしてはかなり美味しいと思っています。

 

チキンと言うチキンに拘っているのではなく

ファーストフード店にありそうなチキン

の美味しさを追及しているのがモスチキンだと思います。

チキンは原料はどこ産?

チキンの原料は

中国産

に拘っているようです。

 

どこ産でもチキンと言う料理は

作る過程でガッツリ火を通す

という製造方法上、大抵の危険物は死滅するので安全面は高いです。

 

何度も言いますが、どこ産であろうと安心して食べられるので産地にはこだわる必要はないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人気ファーストフード店3社のチキンの味わいの特徴を紹介したので最後にざくっとまとめてみます。

 

ケンタッキーは、250円で系列の特徴ともいえるオリジンスパイスが効いているカブリついた時に肉汁が溢れるチキン。

ロッテリアは、260円で醤油の味わいが強い風味が特徴でカブリついた時にはケンタッキー程ではないが肉汁が溢れるチキン。

モスバーガーは、270円で味わいは薄いのですがチキンが他社よりも薄い為にクリスピーのような食感が特徴的なチキン。

 

それぞれに異なる特徴があるので、どういったチキンを食べたいのか?

求めているチキンに合わせて店舗を選ぶことをお勧めします!

料理・文化カテゴリの最新記事