雨上がりなどに空に掛かる綺麗な七色の虹。

滅多に見ることが出来ないですが、観れると幸せな気分になれます。

 

そんな虹ですが、実は水平上の虹。

さらには逆さまの弧を描く形状の虹があることをご存知でしょうか?

あまり知られておらず、観れる機会も当然ながら通常に虹以上に少ない。

とても珍しい逆さ虹や水平虹を解説していきます。

 

水平虹とは?原理はなに?

言葉通り水平に虹がかかる水平虹と、逆さまに虹が掛かる逆さ虹は存在しています。

どちらも言葉通りの気象現象です。

それぞれの気象現象的な表現を絡めて解説していきます。

 

まず最初に水平虹から解説していきます。

こちらの虹は水平に虹がかかる現象であり気象現象としては

環水平アーク

と呼ばれる気象現象。

 

ちなみにですが厳密には、気象現象ではなくて大気光学現象の一種です。

これは虹というもの自体が、天候ではなくあくまでも

大気中物質の反射によって引き起こされている現象

のためです。

 

話を戻して環水平アークが発生する理由を解説しますが、これは

太陽の高度が58℃以上であること

が条件と言われています。

 

言ってしまえば太陽が高いほど現象が見やすく

低地であればあるほどに太陽から離れれれば離れるほど

環水平アークを観測できる確率は上がっていきます。

 

また、こちらはあくまでも水平虹であって虹の色の順番は

上から赤→黄色→緑→青

という風に虹の正しい順番に並んでいるのが特徴です。

 

逆さ虹とは?原理は?

逆さ虹と呼ばれる現象を解説していきます。

 

まず最初に逆さ虹についてですが、その名の通り

虹が逆さまにかかっている

現象のことを言います。

 

正式名称は水平虹とは異なり

環天頂アーク

と呼ばれる現象が元となって発生しています。

 

こちらは寒い時期に観測されることが多い現象です。

虹が逆さまに見える理由としては

大気中の氷晶に虹がプリズム反射する為

に地上からは虹が逆さまの形状で見えるわけです。

 

プリズム反射というのは上下が逆になる現象です。

ガラス玉などを通して反対側を見た際に上下が逆になったりしますよね?

あの現象と全く同じことが、とても大きなスケールで再現されています。

その結果、虹という端と端がどこまで伸びているのかわからない虹が上下逆に見えるわけです。

 

また逆さ虹はその名称の通り逆さに虹が見えるため色の順番は

上から青→緑→黄色→赤

という順番になっており、色も本来の上が赤から始まる虹とは逆さまになっているのが特徴です。

 

 

ここで、環水平アークと逆さ虹を見分けるポイントをまとめておきます。

逆さ虹は寒い季節に見える環天頂アーク現象で一番上の色は青。

水平虹は太陽が高い季節に見える環水平アーク現象で一番上の色は赤。

 

虹の角度/形状で見分けるのが難しいので、気候や色の順列で見分けるのがお勧めです。

スポンサードリンク



見ると幸運?地震の予兆?

非常に珍しい現象である水平虹と逆さ虹。

どちらも滅多に発生しない現象であるゆえに様々な言い伝えがあります。

 

その代表的な1つが幸運だという事。

科学的には証明されていませんが、観ることが出来ると幸運が訪れると言われています。

滅多に観えれない現象なので、こういう話はあって当然だと思います。

 

考えようによっては

水平虹や逆さ虹を見れたという事が既に幸運

という考え方もできるので、あながち間違った考えとは言えないです。

 

幸運以外の話ですと、逆さ虹が出ると地震が発生するという話もあります。

残念ながらこちらも科学的な根拠はありません。

しかし、過去に逆さ虹が発生すると大きな地震が発生したという事実はあり話題になりました。

 

ただし、実は日本は地震大国であり地震は大小合わせると毎日のように発生しているんだそうです。

その為に

科学者は水平虹や逆さ虹が地震の予兆であるとは考えていない

ようです。

 

地震の予兆という話は都市伝説位に考えて置いてよさそうですが、警戒はしておきましょう。

もしかしたら、超大型の地震の前触れという説が正しい可能性もありますから。

備えておいても損はありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

水平虹と逆さ虹について解説しました。

 

滅多に観れる物ではありませんが、観れた際にはせっかくなので水平虹なのか?

それとも逆さ虹なのか?をしっかり判別するとちょっと得した気分になれると思います。

観れると幸運が訪れるとも言われているので、ありがたく観察するのがお勧めです。

 

また科学的な根拠はありませんが地震の兆候だとも言われています。

観えた際には気持ちだけでも地震に備えておくといいかもしれません。

都市伝説レベルの話ですが、備えあれば患いなし!

大地震に早く対策を取れるかもしれませんよ。

 

とはいっても、せっかく見れた珍しい現象なので変な不安を抱かずに満喫することを強くお勧めします。

せっかくのレアな体験がいらぬ不安で台無しになっては勿体ないですからね。