宇宙食の歴史と条件は?現役飛行士の食事とお手軽な購入方法!

宇宙食の歴史と条件は?現役飛行士の食事とお手軽な購入方法!

宇宙食という宇宙で食べる為の食べ物が存在しています!

 

その名の通り宇宙で食べる為の食べ物なのですが、宇宙空間は無重力である為に重力下である地上で普通に食べられるものが食べられないという特性があるんです。

水が宙に浮いて球体になってしまったり、粉などが飛散したままずーっと浮遊してしまったり。。。

無重力化では、地上での様々な『普通』が適用されないために食べ物1つにも様々な工夫が必要になるんです。

 

意外に知らないといいますか、名前や存在は知っているけど宇宙食というモノがいつから始まったのか?

どういった進化を歴史の中で遂げてきたのか?

今回は宇宙食の歴史や宇宙食の条件などに付いて紹介していきます!

 

宇宙食とは:水分と無重力

まず最初に宇宙食とは何かを紹介します。

 

先ほども軽く触れたとおり、宇宙は無重力であるが故に水が宙に浮き球体になってしまうという特性があります。

飲み物を浮かせられるから便利だし面白いね♪

そんな軽い感じで流してしまう事なのですが、この現象こそが宇宙食においては最大の難点なんです。

 

ラーメンやお味噌汁、おでんなどの汁物を除いても地上で食べている多くの食べ物には、少なからず水分が含まれています

サバの味噌煮などの定食にも、大抵の場合は味つけ用の汁が掛けられていたりするはずです。

軽く思い浮かべてみても大抵の食べ物には水分というモノが含まれているのが分かると思います。

 

無重力空間では水分は地上での動きと大きく異なる。

その為に、地上で一般的な食事の多くは宇宙空間では再現することが出来ないんです。

 

 

また、地上では何気なく使う粉ものなど。

あれらは重力で下に落ちていますが、宇宙は無重力空間であり粉物は飛散してしまうんです。

その為に、地上では普通の調味料なども使う事が出来ないという特性があります。

 

調味料や水分が使えない状態で、さらに都合が悪いことに人間は無重力空間では味覚が薄くなるという傾向があります。

 

ざっとまとめますと宇宙食が難しいといわれる理由は3点です。

・無重力下では水分が使えない。

・粉物なども使う事が出来ない。

・味覚が薄くなり濃いめの味付けが必要。

宇宙食の歴史

宇宙食の歴史は6世代に分類できますので紹介していきます。

1962~63年:マーキュリー時代

固形食や歯磨き粉のチューブのような容器にクリーム状/ゼリー状にした食べ物を摂取。

63~68:ジェミニ時代

固形食と軽く水分を含んだ食べ物、乾燥食品が主流の時代。

初期となるマーキュリー時代に不満が多かったチューブ食が廃止される。

水分を含ませるためのウォーターガンが発明される。

69~72年:アポロ時代

宇宙でお湯が使えるようになり飛躍的に宇宙食が向上。

詳しい明記はありませんが、ジェミニ時代と同じ物+温かい食べ物も食べていたようです。

73~74年:スカイラブ時代

無重力下での生医学実験などが開始された時代。

加水食品と呼ばれる乾燥した食材に水を含ませて元の状態に戻す宇宙食が主食。

アルミ缶や冷凍庫などが宇宙空間に運ばれ、地上と変わらない食事が出来るようになった時期です。

81~2001年:スペースシャトル時代

この時代になると飛躍的に進歩が観られます。

一般的に販売されているモノを利用したり、レトルト食品や加水食品、半乾燥食品に自然形態食、新鮮食品など。

地上で食べることが出来るほぼすべての食材を食べることが出来るようになった時代です。

08~現代:現代

食事が16日間のローテーションで組まれておりアメリカ、ロシア、ヨーロッパに日本など。

ISSで活躍する主要国の食べ物をローテーションで食べているようです。

既に科学が飛躍的に進化しており、その気になれば地上の食事を宇宙でも行えるようです。

 

ただし、無重力なので宇宙飛行士に食べる技術が求めらえます。

。。。とてつもない高度な(笑)

現代の宇宙食:JAXAプレゼンツ

歴史を紹介しましたが、ちょっと勘違いしている方も多いと思いますので実際の宇宙食がどんなものなのか?

それをJAXAの方が実際に紹介している動画がありますのでご覧ださい。

実際の宇宙の映像も交えて紹介されていましたので理解が深まったと思います。

 

宇宙ではなんでも食べれるようにはなっていますが、基本は軽量化された質素な食べ物。

地上のお店で出したらお客さんが激怒するような形状の物を食べているのが一般的です。

 

ラーメンなどもこのようにパック詰めにされており、地上で見るラーメンとは似てもにつきませんから。

宇宙食はなんでも実現できるようにはなってきていますが、それでも基本はパック詰めの質素なモノなんです。

宇宙食:通販で購入できる

現代では宇宙食は一般的に販売されていますので紹介します。

 

現代では様々な種類の宇宙食が販売されているのですが、最も気になったのがおもち(笑)

宇宙食のお餅って言われても地上のと同じなんじゃ?っていうかね。

絶対同じだろってツッコミつつ買ってみたので、気が向いたらレビューしてみます!

まとめ:宇宙食は意外に身近

宇宙食の歴史などについて触れてきましたが、意外に身近であることが分かっていただけたと思います。

昔は宇宙なんてとても遠いし、宇宙食なんて食べる機会もなく終わるのかなって思っていたんですけどね。

普通に通販で買える時代がきちゃいました(笑)

 

私が死ぬまでに宇宙に行けるのかな?

行けたらいいなくらいの感覚ですが、本気で行きたい派の人間なので旦那に頑張ってもらうと思います!

私の稼ぎじゃ行けそうにないので!

動物・科学・天気カテゴリの最新記事