スイカ割の歴史に諸葛孔明が関係ある?スイカ割をより楽しむ方法!

スイカ割の歴史に諸葛孔明が関係ある?スイカ割をより楽しむ方法!

夏の季節に食べる果実と言えばスイカ!

そして、スイカと言えばスイカ割!

 

夏の季節に良く行うスイカ割ですが、その歴史って知っていますか?

何となくやっていた方も多いと思いますが、ゾッとする歴史が存在していますので紹介していきます。

またスイカ割をやる際により一層楽しめるコツも紹介してきますよ♪

スイカ割の歴史

スイカ割という文化は日本で一般的に行われていますが、実はスイカ割の文化は

中国の三国時代

に行われたていた恐い文化が元なんです!

 

その恐い文化というのが

戦前に砂に埋めた人の頭を叩き割る

という、人を殺すという恐るべき大戦の前に行う儀式のような物です。

 

この恐すぎる文化が実際に行われており、それに見かねた諸葛亮孔明という有名な軍師が

人ではなくスイカでやればいい

と提案し、人の頭を叩き血が飛び出る恐怖の儀式がスイカを代用することになりました。

 

嘘のような話ですが、これが本当にスイカ割の起源だといわれています。

少し想像してみると分かると思いますが、似てますよね…
(;゚д゚)ゴクリ…

スイカ割をやる理由

現代の日本人がスイカ割をやる理由はなんなのか?

スイカ割って何のためにやるんだろう?と疑問を思った方も多いと思います。

 

書く言う私も私も、スイカ割を何のためにやるのか分からず、何だろうって調べたら

諸葛孔明が人の頭の代わりにスイカを代用した戦前の儀式

という答えに行きつき余計に

現代人がいったい何のためにやってんだ?

って割と本気で疑問しか浮かんでいませんから(笑)

 

色々と調べた結果なのですが、現代人がスイカ割をやる理由!

その答えとして最も正しいのが

楽しいから♪

というのが、答えだと思われます。。。
(´-ω-`;)

 

少々拍子抜けな答えだと思いますが、儀式でもなければゲン担ぎでもありません。

ただただ楽しいから夏の風物詩として行っているだけ!

これが現代人がスイカ割をやっている理由です。

スイカ割をより楽しむには

スイカ割を現代人がやる理由は楽しむためである!

この答えに行きついたので、ここからはスイカ割をより一層楽しむ方法を紹介します!

 

私がお勧めするのはスイカを割る人が目隠しをしたのちに、下を向いてグルグルと10回転回る。

その後、方向感を失った人をみんなで声で指示を出して見事にスイカを打たせる!というやり方です。

 

ベタなやり方なのですが、一体感も生まれますし打つ人は勿論指令を出す側も楽しいというみんな楽しめる方法なので本当にお勧めですよ♪

家族でやる際も、目隠しをした人に指令を出してスイカを叩かせるっていうのは一体感生まれますし、面白くて楽しめます。

せっかくやるのであれば、お勧めのスイカ割の方法ですので是非やってみてくださいね♪
(“▽”*)

棒の代用品

スイカ割の棒と言えば、ひのき棒が一般的です。

観たことあると思いますが、棒状のまさに棒といった棒です。

表現力なさすぎて申し訳ないのですが、棒状のあの棒です…(笑)

 

ああいったモノが一般的なのですが、代用品として有名なのは木刀がありますよね。

しかし、実際に木刀を使ってみると地面にぶつかって折れたり。

手が痛かったり…

意外に使いにくくスイカを割るだけでは硬すぎます。

 

そういった理由もあり、スイカ割に使うのであればお勧めなのが

棒状の竹

が本当にお勧めです。

 

スイカを割るだけの硬さもありますし、地面に当たっても折れない&手が痛くない。

最悪子供にぶつかったりしても、大けがには至りません。

 

スイカ割に対する適正が非常に高いので、スイカ割の際には是非使ってみてください。

非常に簡単に使えて安全ですので、お勧めですよ。

まとめ

スイカ割は三国時代の人の頭を割っていたのが元。

現代行うのは楽しいから。

楽しむためにみんなで一体感が生まれる方法がお勧め。

棒は竹製がお勧め。

 

夏の風物詩とも言えるスイカ割!

是非参考にして楽しんでみてくださいね♪

四季の出来事・地域イベントカテゴリの最新記事