電車を乗る際に電子決済できるICカードは一般的に使われていると思います。

 

PASMOやSuicaなどが有名だと思いますが、それら使い道が同じICカードに

異なるカードがある

理由という事をご存知でしょうか?

PASMOもSuicaも同じ駅で使えたりするのにそれぞれに違いがある理由は何なのか?

 

意外に知らない電子カードの違いを紹介していきます!

 

PASMOってなに?

そもそもの話としてPASMOとはなにを紹介します。

 

PASMOとは正式な分類ですと非接触型の公共交通機関共通乗車ICカードに当たります。

電車の駅などで500円でカードを購入することが出来、同じく

駅でICカードにお金をチャージ

することで、駅でイチイチ切符を購入する必要がなくなります。

 

その名称の通り、非接触なので駅のIC反応部分に直接当てなくても大丈夫なICカードであり

公共交通機関共有

の乗車券である為に様々な公共の乗り物で使用することが可能になります。

 

意外にも知られていない事ですが、電車に限らずバスなどでもPASMOで料金を支払うことは出来るんです。

とはいっても、ICカード決済に対応していないバスもあるので乗る際に注意は必要ですけどね。

現代では多くのバスに対応しているので、PASMO対応の駅前のバスは使える物と考えて大丈夫です。

 

PASMOとは公共機関の乗り物支払いを簡単に決済できるICカードです。

PASMOとSuicaの違いは?

PASOMを紹介したので、ここからはSuicaについて紹介します。

 

先ほど紹介したPASMOと同じくSuicaも共通乗車のICカードです。

しかし、最大の特徴というのが

SuicaはJR東日本や東京モノレールや東京臨海高速道路

など基本的に関東圏で使えるカードです。

 

つまり、PASMOとSuicaの違いというのは

全国で使えるかどうか?

ということであり、使用する範囲が東京を中心とした関東地域なのか?

それとも全国で使うのか?と使用する範囲によって適正が変わってきます。

 

自分の地域ではどっちが良いのだろう?

そんな悩みを抱く方もいると思うのでPASMOとSuica。

Suicaに限らず、地方ごとに様々な共通乗車用のICカードはありますが、そういったものとPASMOどちらがいいのかを紹介しまsう!

どっちがお得?使い道は?

どちらがお得かと言いますと、大抵の場合は

PASMO

という共通乗車ICカードです。

 

これはなぜかといいますと、大抵の場合はSuicaや地方の乗車ICカードが使える場所で

PASMOも使える

という互換性をPASMOは持っているからです。

 

先程紹介したPASMOは全国で使用することが可能であり

地方のICカードと互換性がある

場合が非常に多いので大抵の場合はPASMOを持っていた方が便利です。

旅行先や遠方に出向いた際にも同じICカードで乗り降りできる方が便利ですから。

 

どうしても地方でPASMOが使えない場合は、地方のICカードを使いましょう。

しかし、どちらかで悩んだ時はPASMOにしておくことをお勧めします!

定期券はどうなる?

地方のICカードなど様々なICカードがありますが、ここで気になるのは乗り換えがある場合の定期券ではないでしょうか?

定期券としては乗り換えがある場合などどうすればいいのか?と悩む人も多いと思います。

 

しかし、現代のICカードの場合ですと

PASMOは互換性があるので大抵の場合はPASMO1枚で事足りる

というのが現実です。

 

そもそもPASMOには地方のICカードと互換性があるので、これ一枚で大抵の定期は作ることが出来ます。

先ほども紹介しましたが

悩んだらPASMO

という事を徹底することをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現代では一般的になりつつある電車などに使うICカードを選ぶ際には出来る限りPASMOがお勧めです。

大抵の地域のICカードとも互換性がありますし、1枚あれば事足りるPASMOを選ばない理由はないでしょう。

 

地域ごとのICカードで大きな得があるというのであれば、そちらでもいいと思いますが得がないならパスモ一択で良いと思います。

悩む時間も勿体ないですからね。