アイコスに発ガンの危険性?タール数ニコチン数をひた隠しが真実?

アイコスに発ガンの危険性?タール数ニコチン数をひた隠しが真実?

タバコの受動喫煙の危険性が世間的に話題となり、それを機に話題になったのが煙が出ない電子タバコ・アイコス。

煙が出ないことから、周りの非喫煙者たちに受動喫煙の被害がないこと。

さらには、タバコが含んでいた有害物質害が大幅にカットされていると話題になり、タバコを吸っていた人が健康を考えて?アイコスに移る人が続出しました。

 

しかし、このアイコスですが実はタバコ以上に危険性を秘めていると話題になっています。

吸っている人だけが危険ならよかったのですが、どうやらタバコ同様に受動喫煙の危険性もあるようなので、アイコスの危険性について解説していきます。

[cc id=55 title=”目次”]

電子タバコ・アイコスとは?

アイコスの解説の前に、一般的にたばこと呼ばれている物は、たばこと呼ばれる樹木の葉っぱを紙で巻いたものであると理解してください。

たばこの葉っぱを紙で巻いた、紙たばこと呼ばれていたものが、いつしか一般的になり『紙』を抜いて、たばこと呼称されるようになりました。

ここでは、たばことはタバコの葉っぱを燃やして吸っている物だと理解してください。

 

そして、電子タバコのアイコスですが、その名の通り電気を使うタバコです。

先ほど、たばことはタバコの葉を燃やして吸っていると解説しましたが、電子タバコ・アイコスでは電気で燃やしています。

 

これはヒートスティックと呼ばれる技術であり、アイコスは正式には加熱式たばこと呼ばれる部類に分類されます。

この技術によりアイコスでは、蒸気状にして吸い込むこと、さらに吸い込む人の部分からしか蒸気が出ないため受動喫煙の危険性が低いと言われています。

ヒートスティックがアイコスの最大の特徴であり、受動喫煙の危険性や有害物質90%カットを販売業者が謳う理由です。

 

タール/ニコチン数が不明?

発売当時には、火を使わない、灰が出ない、匂いが少ないという謳い文句もありました。

これらの理由が喫煙者には強く印象的であり、アイコスに乗り換える人が増えた理由の1つと言えます。

 

この電子タバコ・アイコスの特徴としては、使われているタバコが普通の紙たばことは異なりペースト状のタバコが詰められていたりもあるそうです。

科学技術で明かされていない部分も多いのですが、燃やしている葉が異なるためにタールが低い?という噂もあります。

 

ちなみにですが、現在アイコスのタール値/ニコチン量は明かされていません。

紙たばこと違い電子タバコには表示義務がない為に、メーカー側は明かしていないという事になります。

 

アイコスとはヒートスティック技術を用いた電子タバコであり周囲の人に迷惑を掛けにくいこと、健康面でもタバコよりもいい事で人気が出たタバコ。

しかし、安全性を謳うにも拘らずタールやニコチン数などすらもブラックボックス状態であると理解してください。

アイコスの危険性は?

アイコスの危険性は発がんリスクだと言われています。

タバコに比べて9割の有害物質をカットしていると謳っていたアイコスに、たばこ以上の発がんリスクがあるとの研究結果をスイスの研究者が発表。

さらに、この発がん物質が多いだけではなく高濃度であることが話題になり、アイコスの危険性が浮き彫りになりました。

しかし、この研究結果に対しアイコスの発売会社であるフィリップモリスは完全否定。

その研究結果が間違いであり発がん物質が多い事実は確認していないと表明。

 

電子タバコ・アイコスの発がん物質に対する研究は、これ以降大きな発表がありません。

その為、真相は闇の中ですがそもそも科学者の中では電子タバコのリスクは未知であるというのが通説。

ある科学者は『研究の結果が出るまでは使用を控えるべき』と発言しています。

 

おまけに、煙が出ないから周りに人に害はないと言われていましたがこれに関しても学会から発表がありました。

なんと煙が見えていないだけで、周囲にも受動喫煙の危険性があるとのことです。

子供や妊婦がいる場合などはアイコスの喫煙を控えたほうが良いですよ。

 

有害物質を9割カットなど、健康に良いと言わんばかりだった電子タバコ・アイコスには大打撃となりました。

電子タバコは未知のことが多く、危険性は紙たばこ以上に高い可能性が非常に高いと理解しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アイコスの危険性について解説しました。

 

だいぶ前にアメトーーク!にて紹介されると一気に人気が爆発したのが電子タバコ・アイコス。

煙が出ない、匂いが少ない、有害物質90%カットと良い事尽くしに聞こえましたが、まさかの有害物質はタバコよりも高濃度に含まれていることが明らかになりました。

 

メーカー側は否定しているので確定はしていませんが、タール/ニコチン数すら公表されていないことを考えると真実である可能性も十分にあるでしょう。

タバコよりも体に良く周囲に迷惑をかけないと謳っていましたが、その実はタバコ以上に身体に悪いものである可能性が浮上。

煙が出ないことで周囲に迷惑は掛かりにくいと思われがちですが、どうやら煙が見えないだけとの研究結果も出始めています。

タバコに比べて、分かりにくいだけでメリットが一切ない可能性も出始めています。

 

アイコスを購入を悩んでいる人は、アイコスへの乗り換えではなく禁煙という道を考えましょう。

アイコスを買って、その後も吸い続ける金額を考えれば確実に禁煙したほうがお得です。

なにより、健康面での危険性が大きすぎますからね。

 

電子タバコアイコスの危険性について解説しました。

それでわっ

受動喫煙のリスクは?電子タバコ・アイコスも副流煙で害をバラまく?

健康・生活カテゴリの最新記事