氷点下とはマイナス何度?零下との違いは何?表現として適切なのは?

氷点下とはマイナス何度?零下との違いは何?表現として適切なのは?

氷点下と言う言葉をご存知でしょうか?

冬の季節の天気予報などでも耳にする言葉ですが、明確な温度を理解できているでしょうか?

ふとした時に、氷点下1度と言う表現が何度なのか分からないと言うときもあると思います。

なので氷点下○度とは何度の事を指すのかという事を紹介します。

 

また似通った言葉で零下○度という表現も聞いたことがあると思うので、こちらも紹介し2つの表現の違いも紹介します!
[cc id=55 title=”目次”]

氷点下とはマイナス何度?

氷点下と言う言葉が何度の事なのか?から紹介します。

 

氷点下とはその言葉の通りの意味合いを持っていて

水が氷になる温度以下。

よーするに氷になる点以下の温度と言う事で氷点下という温度を指している言葉です。

 

この水が氷になる温度と言うのは基本的には0℃です。

水分が氷という固体になる温度は0℃ですので

氷点下とは0℃

の事を指している言葉と言う事になります。

 

それでは、今回の本題である氷点下○度と言う言葉が表している状況はどんな温度なのか?

その温度を紹介しますね。

 

氷点下○度と言うのは

氷点下から何度低いのか?

と言う事を意味している言葉です。

 

例題としてあげますと、氷点下1度という表現があった場合の温度は

マイナス1度

と言う氷点下0度から1度低い気温を示す温度と言う事になります。

 

つまり、氷点下○度に入る数字分氷点下から低い温度。

氷点下とは0度を表しているので

氷点下○度とはマイナス○度

と言う事を示しているという事になります。

 

氷点下と言う言葉が0度を表す。

この事を覚えておくことで、氷点下と言う言葉の意味合いを覚えやすいと思います。

 

また余談ですが、水分が塩分だったりその他の物質を含んでいる場合は0℃では氷にはなりません。

しかし、氷点下と言う言葉が表しているのは

普通の水が氷になる温度である0度

の事なので、氷点下と言う言葉はどんな時でも0度を表す言葉です。

 

零下とはなに?

氷点下と言う言葉と似通った言葉として耳にしたことがあると思うのが、零下○度という表現だと思います。

こちらの表現も氷点下に似ていますので、せっかくの機会ですしこの度におぼえていってください!

寒い地域に行ったときに役に立つと思いますよ。

 

先程紹介した氷点下と言う言葉は、水が氷る温度の事でしたよね。

水分が氷付く基本の温度という意味合いで氷点より下と言う意味合いで付けられた言葉です。

 

それに対して零下と言う言葉は

単純に0度以下

を表しています。

言葉のままの意味合いで零下は0度という温度を表しているんです。

 

氷点か否かと言うのは関係がなく零下は0度以下を表している言葉です。

氷点下と零下の違いは?

2つの言葉を紹介しましたが、どちらの言葉も

温度0度

を表している言葉です。

 

では、2つの言葉の違いは何なのか?

その大きな違いを紹介していきます。

 

共に0度を表している言葉ですが、基本的にはその表現を用いる際に

水分が関係するのか?

と言うのが基本的な用途の違いという事になります。

 

もっと分かりやすく言いますと、零下と言う言葉はそもそも

水の有無に関係しない

言葉でありその特性上、水が関係しない条件の際に使われることが多いんです。

 

それに対して氷点下という表現は、水分が関わる際。

天気予報だったり、ビールなどの飲み物だったり。

そういった水分が関わる際に使われることが多いです。

 

ただし、同じ意味を指し示している言葉である為に。どちらの言葉を使うのが正解と言う事はありません。

氷点下も零下も共に0度と言う温度を表している言葉だと覚えおきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

氷点下がマイナス何度の事を指しているのか?と似通った言葉である零下との違いを紹介しました。

 

2つの言葉は共に0度と言う温度を指し示している言葉ですが、氷点下と言う言葉は水が関係している際に使われることが多い言葉です。

それに対して零下と言う表現は水が関係しない時に使われることが多い言葉と言う事になります。

どちらの言葉も同じく温度0度を表しているので、どちらを使っても間違いではありませんので好きな表現を使いましょう。

四季の出来事・地域イベントカテゴリの最新記事