ベルマークは個人で交換できる?寄付は誰でも出来るので捨てないで!

ベルマークは個人で交換できる?寄付は誰でも出来るので捨てないで!

様々な商品についているベルマークをご存知でしょうか?

その名の通りベルが描かれているマークで、学校や商店街などが寄附を呼びけ集めているマークです。

 

小学校や中学校などでも経験している人はご存知だと思うのですが、一定のポイントが溜まると様々なモノに交換ができるのがベルマークでもあります。

そういった交換が可能であるというシステム上、気になるのが

個人で集めて交換が可能なのか?

という事ではないでしょうか?

 

ベルマークが個人で交換ができるのか?という事などベルマークを交換するという事について紹介していきます!
[cc id=55 title=”目次”]

個人で交換はできる?

個人でベルマークを交換できるのか?

その答えは意外にも

出来ない

と言うのが答えになります。

 

1人でも既定の枚数を集めれば交換できそうなイメージがあるのですが、ベルマークというのは個人では交換することが出来ないんです。

その理由はベルマークの正式名称である

ベルマーク教育助成財団

という正式名称を知っていれば、当然とも思えるでしょう。

 

正式名称から分かる通り、そもそもベルマークとは教育を助成することを目的にした財団が運営しています。

その為、当然ですが個人での交換はすることが出来ません。

公共の教育に関わる団体。

例えば学校でしたり自治体が運営する公民館だったり。

そういった子供に限らず地域の人が教養を受けられる団体のみがベルマークの交換に対応している施設になります。

ベルマークは何のためにある?交換できる物は?

ベルマークと言うのは教育を支援するために存在していると紹介しました。

そんなベルマークが一体どんな商品と交換が可能なのかを紹介します。

 

交換できる商品は多種多様なのですが、有名なモノを紹介します。

  • パイプ椅子
  • ディスプレイ/プロジェクター
  • 黒板/黒板消し
  • 遊戯道具/ボール類

このように、教育を支援するためにあるという事もあり、交換でいる商品の方向性は一貫していて

学校や公民館がより快適になる

という教育の上であって嬉しい物が交換対象になっています。

 

交換できる物は基本的には子供の教育にあって助かる物が全体的に選択対象となっています。

その対象がパンフレットに記載されており

地方自治体がベルマーク数に応じて好きに選択する

事でベルマークと教養商品を交換するという仕組み人っています。

 

イメージとしてはお歳暮などで送られてくる

好きなモノをお選べるギフトカード

のようなイメージです。

個人の場合はどこに送る?

先ほど紹介した通り、個人ので交換はできません。

しかし、当然ですがベルマークの回収に協力は出来ますのでその方法を紹介します。

 

基本的な方法は大きく2つ。

1つは、学校や公民館に寄付する方法ですが、こちらは団体に一声かける必要があります。

学校や公民館の受付の人に

ベルマークの寄附

という風に告げることで対応してもらうことが可能です。

 

ちょっと恥ずかしい気もしますが、近場に学校や公民館があったりする方はこの方法がお勧めです。

 

もう1つの方法は商店街などの地域で自治体も回収してたりしている場所に寄付するという方法。

こちらの方法は、商店街などの

ベルマーク回収箱や自治体の回収箱

と言うのが地域に設置されていると思うので、それを探して入れておくという方法です。

 

こちらの方法だと声をかける必要がないので誰でも簡単に気軽に出来るのがメリットになります。

 

どちらの方法でも、最終的には教養。

子供たちや地域で学習を望む人のためになるので、是非ベルマークの寄付をしてみましょう。

同じ地域に住む誰かのためになるので、知らない誰かを助けると思って寄附してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ベルマークを個人で交換できるのか?を紹介しました。

 

残念ながら個人での交換には対応していないので、交換は出来ません。

しかし、地域のベルマーク回収には協力することは出来るので興味のある方は是非地域に寄付してみましょう。

同じ地域に住む誰かの救けになるのは間違いないので、人助けと言う気持ちで寄付してみてはいかがでしょうか?

 

ただ捨ててしまうのは勿体ないですし気が向いたら寄附してみると良いと思いますよ!

健康・生活カテゴリの最新記事