ふるさと納税のデメリットと問題点は?大都市の自治体が赤字に?

ふるさと納税のデメリットと問題点は?大都市の自治体が赤字に?

お得に納税できるふるさと納税制度。

現代では、そのお得さ故に多くの人が利用している制度です。

 

お得なふるさと納税ですが、実はデメリットや反対意見も多いことをご存知でしょうか?

利用者にとっては、特産品等が貰えてお得な制度であるふるさと納税。

しかし、使用者にとっての明確なデメリットやふるさと納税に大して反対意見も多いので紹介していきます。

 [cc id=55 title=”目次”]

ふるさと納税の利用者のデメリットは?

ふるさと納税の利用者のデメリットは、現実的にはほぼありません。

 

しかし、注意しないと補助金というの手当を受けられない可能性があります。

それはどういった場合かと言いますと

子供の教育費等の補助金を受けている場合

は、ふるさと納税によって税金の控除額が変動するために補助金を受けられない可能性があります。

 

控除される金額によっては、本来貰えるはずだった補助金を受けられない可能性があるんです。

補助金等を受けている人は、しっかりと補助金の条件を確認すること。

そうしないと、ふるさと納税の控除額が差し引かれることで

貰えると思っていた補助金が貰えない

可能性が出てきてしまいます。

 

ふるさと納税する予定の方で、補助金等を受けている場合は

各補助金のホームページにて条件を確認

してから、補助金の条件を満たすようにふるさと納税を行いましょう。

 

反対意見が多い理由は?

ふるさと納税に対しては実は反対意見が多いんです。

利用者からすればお得な制度であり、デメリットは補助金の条件が崩れてしまう可能性くらいです。

つまり、補助金を受けていない人からすれば、100%メリットの美味しい制度です。

 

では、こんなおいしい制度に対して反対意見を出しているのは誰なのか?

誰かと言いますか、現実的にはどんな地方自治体なのか?を紹介します。

 

ふるさと納税を求めているのは田舎などの人口が少ない地域の人たちです。

ふるさと納税とは以前は納めてもらう事が出来なかった

田舎の自治体が納税してもらう額を増やすための制度

とも言えます。

 

こうして、誰が得をしているのか?というのを考えれば当然反対意見を出しているのが誰かも分かりますよね?

反対意見を出しているのは本来であれば納めて貰えるはずだった税金を納めてもらえなくなった

東京都や大阪府などの大都市の自治体

が納税額が減ったことで文句を言っています。

 

大都市は日本に少ないのでこの意見は当然ですが少数の意見です。

大都市なんだから我慢すればいいと言う意見が大多数を占めているのですが、冷静に考えましょう。

 

大都市は人が多い為に、交通整備や地域の保安に対しての費用が当然掛かります。

田舎では簡単にできる事でも、都会で同じことをするには人が多いので費用が掛かります。

つまり、都会であれば都会であるほどに

ちょっとしたことにも大金が必要になる

という事も事実です。

 

これまでは地方に比べれば多めの税金を納めてもらっていた都会の都市。

しかし、ふるさと納税制度が始まったことで

都会の地方自治体はカツカツ状態

になってしまっており、これまでのサービスがなくなったりもしています。

 

こういった都会には都会の必要な金額があるのに人の少ない地方に無駄なお金を回している。

都会の地方自治体の人からすれば、当然ですが不満しかない制度と言えます。

当然ですが

都会に住んでいる人にも少なからず影響は出ている

ので反対意見は今後増えていく可能性が高いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お得な納税方法という事で話題になっているふるさと納税のデメリットと反対意見を紹介しました。

 

ふるさと納税は利用者にとっては、ほとんどデメリットの無い制度です。

しかし、補助金等を受けている人にとっては控除額の問題上、損をする可能性もある制度であると覚えておきましょう。

 

また都会等の地方自治体では反対意見が非常に多い制度でもあります。

都会の納税される額が減っているという理由を知れば当然だと思いますが、今後の見直しが必要な気もします。

事実として、本来の納税額の一定分を納税者に50%程度の物品で還元することで、ふるさと納税は成り立っています。

この事を現実的に理解すると、国に納税される額は減っている事になりますから。

 

国のトータル的な問題として考えるのであれば、ふるさと納税はまず間違いなく問題点を見直す必要がある制度と言えそうです。

健康・生活カテゴリの最新記事