ドラフト会議の内容は?プロ野球の会議が10月に行われる理由は?

ドラフト会議の内容は?プロ野球の会議が10月に行われる理由は?

10月に行われる行事の1つがプロの野球チームが野球選手を取り合うドラフト会議。

夏の甲子園で活躍した選手がプロ野球選手になれるのか?

慣れるとしてどこのプロ球団に所属することになるのか?

甲子園の激闘に魅せられた人達にとって楽しみな一大イベントがドラフト会議です。

 

そんなドラフト会議ですが、いったいなぜ10月に行うようになったのでしょうか?

またどのように選手たちを取り合っているのか?など、ドラフト会議を解説していきます。

[cc id=55 title=”目次”]

ドラフト会議とは?

まず初めにドラフト会議とは、プロ野球のチームが選手を取り合う会議の事を指します。

 

各球団が欲しい選手に順位を付けていてき投票。

この際に高い順位を付けた球団が優先してその選手との交渉に臨めます。

同じ順位を付けた球団が複数ある場合は、抽選を行い当選した球団が交渉に臨めます。

 

あくまでも選手との交渉権を得るだけなので、選手が断った場合は交渉は決裂。

抽選には勝ったものの、その選手を獲得できずに終わります。

 

ただし、球団と交渉が決裂した選手はその年に他の球団には入れません。

特別な場合もありますが、ドラフト会議で当選した球団に入るか?

それとも今年はどの球団にも入らないことを選ぶのかを選択するという事になります。

あくまでも『今年は』なので、来年や数年後に他の球団と契約することは可能です。

 

またドラフト会議ではプロ野球選手になりたい選手が球団側を選ぶのではなく、球団が選手を選ぶことも特徴です。

自分が所属したい球団からドラフト指名されなかった場合や、他の球団がドラフト会議で当選する場合もあります。

その為、選手たちは自分が入りたい球団に所属できるとは限らないのがドラフト会議の特徴でもあります。

[cc id=16 title=”アドセンス”]

ドラフト会議が10月に行われる理由は?

プロ野球の各チームが集まり欲しい選手を獲得するために争うのがドラフト会議です。

こういった選手の獲得争いなどは、昔は新年を迎えた1月2月に行われていました。

しかし、現代では10月にドラフト会議は行われています。

ドラフト会議が10月に行われるようになった理由を解説します。

 

ドラフト会議の開催月が10月に移行された理由は単純。

プロ野球選手になる学生、高校生や大学生の進路が大きく関わっています。

 

1月2月にプロ野球のドラフト会議を行ってしまうと、プロ野球選手になる予定だったけれどドラフト会議で指名されなかった人は進路が間に合わないです。

就職するにも2月終わりには、もう社員を取り終えてしまっています。

当然ですが高校生が大学に進学するにも、2月終わりには受験は終わってしまっています。

こうなってしまうと、プロ野球選手になるという進路を夢見ていた人たちの人生は大きく狂ってしまいます。

 

現実的に2月にドラフト会議を行うのは。学生たちの為にはならずどう考えてもおかしい時期と言えます。

その為、早い段階で高校生や大学生に進路を決めてもらうために10月にドラフト会議を開催し、プロ野球選手になるという進路を取れるのかを早い段階でハッキリさせているという事です。

 

つまり、ドラフト会議が10月に開催されるようになった理由は、プロ野球選手を夢見て夢破れた人たちの為。

現実的な話として、人道的というか社会的に適した月に移行したというのが、ドラフト会議の開催月が移行された理由です。

 

ドラフト会議に参加する仕組みは?

ドラフト会議は選手が球団を指名するのではなく、球団が選手を指名すると解説しました。

しかし、実は意外に知られていないことなのですが球団が選手を指名する前にも1つ手順があるんです。

 

その手順というのが、高校・大学に限らず学生はドラフト会議に参加するかのプロ志願届と呼ばれる物を提出しなければならないということ。

このプロ志願届とはその名称の通り、プロ野球選手になりたいという意思をプロ野球界に伝える届です。

届を出されることで初めて球団側は学生をドラフト会議で指名可能になります。

 

またこの届を出す際に、自分が入りたい球団を口頭や書面で提出可能と言われています。

つまり、選手たちは球団を選ぶことは出来ないですが、入りたい球団に意志を伝える事。

逆に入りたくない球団に意志を伝える事もできるという事です。

 

例外として学生からではなく、社会人の球団からプロに移行する場合はスカウトと会社の直接交渉になります。

社会人球団も一応プロなので、会社側と球団が交渉した上での移籍になるそうです。

あまりない事なので、稀な事ですがこうして一流選手になったプロ選手もいるのも事実です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

10月の時期に行われるプロ野球選手になれるのかのドラフト会議を解説しました。

 

夏の甲子園で繰り広げられた激闘の末に、活躍した選手達がプロ野球選手に慣れるのかが決まる一大イベント!

甲子園の熱に当てられた人たちや野球が大好きな人たちにとっては、秋の風物詩とも言えるイベントでしょう。

自分が応援していた選手がプロになれるのか?

どの球団に選ばれるのかを楽しみにドラフト会議を見守りましょう。

 

ドラフト会議を解説しました。

それでわっ

スポーツ・芸能カテゴリの最新記事