雪道のバイクタイヤはスパイクとチェーンどっち?雪の頻度で決めろ!

雪道のバイクタイヤはスパイクとチェーンどっち?雪の頻度で決めろ!

近年の冬は大寒波とも言える現象が多く起こっています。

関東地方でも大雪が降り積もったり週刊単位で氷点下付近の気温になったり。

ひと前昔に流行った地球温暖化の影響を感じずにはいられない状況になっています。

 

とてつもなく寒い近年。

雪が降ったからといって仕事や大事な予定を崩すことは出来ないが電車が動いているかわからない…

そんな人たちが雪の中やアイスバーンの中の移動手段として選ぶのが車かバイクだと思います。

 

車については多くの説明があるので私の旦那が実際に使って出勤した雪が降り積もっている場合のバイクのお勧めの乗り方を紹介します!
[cc id=55 title=”目次”]

雪道のバイクの選択肢は?

お勧めの前にバイクで雪の中を走る場合の選択肢から紹介します!

 

バイクで雪道を走る際の選択肢は大きく2つあります。

  • スパイクタイヤ
  • チェーンタイヤ

という○○タイヤという2種類のタイヤを使っての走行です。

 

聞いたことがあるチェーンタイヤと聞きなれないスパイクタイヤ。

当然ですが、それぞれにメリットがあるので説明していきます!

スパイクタイヤってなに?

まず最初に聞きなれないスパイクタイヤから紹介します!

 

スパイクタイヤというのは、聞きなれないと思いますがスポーツ選手が履くようなスパイクのタイヤだと考えてください。

観たことが無い人はこちらをご覧ください。

一般的なタイヤと比べて凸凹の間隔があいており、地面に突き刺すような形状になっているのが分かりますよね?

これがスパイクタイヤと呼ばれている雪道を走る際に使うタイヤの一種です。

 

スパイクタイヤがどんなタイヤかわかったところで、メリットを紹介しますね。

このタイヤには適正と言える道が存在していますので。

 

スパイクタイヤは凹凸が強く雪道でも滑り難いです。

そもそも雪道でタイヤが滑る理由は、タイヤの溝が雪で埋まってしまい地面との摩擦を生み出すことが出来ない為です。

 

イメージしやすく紹介しますと、指に脂が付き指紋が埋まってしまった場合のモノの掴みにくさです。

ちょっと大げさすぎますが、車が雪道で滑ってしまう理由はまさにこれ。

雪で埋められ溝が無くなってしまう為にタイヤが地面を掴むことが出来ずに前に進めないです。

 

その事態を防ぐのがスパイクタイヤ。

大きな凹凸が存在している為に、雪が間を埋めることはありません。

その為、ちょっとやそっとの雪道であれば走行が可能です。

 

また近年はやっているアイスバーンなどの路面凍結の際にもスパイクタイヤは適しているといえます。

雪道や路面凍結の際には非常に役に立つのが安定感の高いタイヤがスパイクタイヤと言えるでしょう。

デメリットは?

路面凍結や雪道を走行可能なスパイクタイヤ。

メリットばかりが目立ちますが、あまり世間的に名前を耳にしない理由は当然あります。

 

その理由というのが、スパイクタイヤに換装するのが大変であるという事です。

スパイクタイヤは当然ですがその名の通りタイヤです。

その為、車でもバイクでもタイヤを完全に換装する必要性があり、毎日のように雪が降っていないのであれば換装する意味がありません。

 

雪が積もっていない場合のスパイクタイヤは消耗が激しいので、タイヤの交換間隔が短くなるんです。

なので、雪が積もっていないのであればスパイクタイヤを外す必要があります。

雪が積もるたびに通常のタイヤとスパイクタイヤを変えるのは手間がかかりすぎますよね?

 

この換装がめんどくさいというのがスパイクタイヤの明確なデメリットです。

チェーンタイヤとスパイクタイヤどっちがいい?

スパイクタイヤと一般的に耳にする機会が多く使ったことがある事も多いと思うチェーンタイヤ。

果たしてどちらがいいのか?

 

その答えはとっても簡単です。

毎日のように雪が降り積もっている地域であればスパイクタイヤ。

年に数回程度しか雪が降り積もらないのであればチェーンタイヤ。

このように住んでいる地域の雪の頻度と、降り積もる頻度を考慮しましょう。

 

また、アイスバーンなど路面凍結も加味して良いのですが路面凍結も日本では滅多に起こりませんよね?

ごく一部が凍結していたという事はありますが、道全体が氷漬けというのはほぼゼロです。

雪が積もるよりも頻度は低いので、想定する必要はないでしょう。

 

一般的に雪が降り積もる事がない地域では雪用のタイヤに適正が高いのはチェーンタイヤ。

間違ってもスパイクタイヤにしないことをお勧めします!

私の考えは?

一般的にはスパイクタイヤよりもチェーンタイヤの方が有名ですよね?

その理由は日本ではスパイクよりもチェーンタイヤの方が適正が高い為です。

統計を取れば確実にチェーンタイヤが優れているという答えが出ると思います。

 

また、少なくとも私が耳にしたことがあるのはチェーンタイヤだけだったのですが、旦那がバイクのタイヤをスパイクタイヤに自らの手で換装して雪道に出ていきました…(笑)

何してるのか聞いたら珍しいからこれで走りに行くという謎心理。

結果としては怪我無く帰ってきましたが、正直言って不安しかないので以後辞めて頂きたいと本気で思っています。

 

スパイクタイヤなら大丈夫と言っていましたし、実際に大丈夫だったので安全性は高いのでしょうけどね。

家族を心配させるようなことをするべきではないと言いたいです!

車で遊ぶなッ!

健康・生活カテゴリの最新記事