東京タワーに高さが必要な理由は?現代の役割と取り壊し予定はいつ?

東京タワーに高さが必要な理由は?現代の役割と取り壊し予定はいつ?

東京と言えば東京タワーではないでしょうか?

東京の観光名所と言えばで必ず名前が挙がると思いますしなんと言っても

大人は900円で子供は500円で幼児である4歳以下は400円

とお手頃料金で登れることで東京を訪れた多くの人が足を運ぶ場所だと思います。

 

しかし、現代の東京タワーとは何のためにあるのか知っていますか?

東京スカイツリーと言う東京タワーの後継者ともいえる634mの超高層建設物が作られて以降

東京タワーは何のためにあるのか?

と気になっている人は多いでしょう。

 

現代の東京タワーがなにをしているのか?

そして、なぜ取り壊されなかったのかを紹介していきます!
[cc id=55 title=”目次”]

東京タワーが高い由来は?

現代の東京タワーが何をしているのか?の前に

東京タワーが高かった理由

を思い出していきましょう!

 

333mという超高層の建物なのですが、この333mという高さは

電波を遠くに飛ばす

ことを目的にしてこの高さになりました。

 

なぜ333mもの高さが必要だったのか?

この理由は単純な理由で、東京と言う日本の首都にある様々な大手企業の

高層ビルよりも高い必要

と言うのが、東京タワーの目的である電波を遠くまで届けるという目的では必要だったためです。

 

つまり、高層ビルに東京タワーが放つ電波は反射したり遮られたりしてしまうことを防ぐために高さを求めたんです。

しかし、時代が進むにつれ周りの東京にある企業のビルは年々高さが増していきました。

 

その結果、東京タワーの高さでは本来の目的である

広範囲に電波を届ける

と言う事が難しくなったので、現代のビル群の高さを遥かに凌駕する

東京スカイツリー

が建設されたわけです。

 

東京タワーがやっていた電波発信という業務は、今は東京スカイツリーからやっているという事になります。

こうなると東京タワーは今は何をやっているの?

なぜ壊されないの?という疑問が出てくると思いますので紹介していきます!

 

現代の東京タワーの役割は?

東京タワーに高さが必要だった理由を紹介しました。

現代では東京スカイツリーが電波の発信は行っているので当然ですが主要電波。

テレビ局の映像など必要性の高い電波と言うのは東京タワーからは発信されていません。

 

では、東京タワーは現代での役割は何なのか?

この答えは意外にも簡単なモノで

東京スカイツリーの予備

という、東京スカイツリーにもしもの時が起きた際に緊急用の予備電波塔と言う役割が大きいです。

 

現代では電波塔としては小さすぎる東京タワーですが、現実的に考えれば現代でも333mは超高層ですよね。

電波が届きにくい地域はありますが

広域に最低限の電波を届ける能力としては十分

という判断が下されており、東京タワーは東京スカイツリーの予備としての役割を担っています。

 

また、緊急時という意味合いでは東日本にある鉄道会社。

JR東日本と言う組織の緊急用のチャンネルも搭載しているそうです。

東京に震災が起きた際にスカイツリーで発信する電波が多く間に合わない際には

特定の企業へ即座に緊急チャンネルが開く

と言うシステムを東京タワーは供えているんです。

 

と、緊急時の能力を紹介したんですが、普段は何をしているのか?

これも気になりますよね?

333mもの高さの建造物が緊急時用の能力しかないというのは違和感しかありませんから。

 

普段の東京タワーは何をしているのか?

その答えは簡単なもので

FMなどのラジオ局の電波を発信している

という、多くの人が楽しむラジオの電波を発信しているんです。

 

このラジオの電波に関しては、ラジオの電波発信も東京スカイツリーで出来るので

東京タワーを壊さない理由の1つ

として付けるために、敢えてさせているとも言われいます。

東京タワーでは電波が届きにくいから作られたわけですから、当然ですがラジオの電波も本来はスカイツリーから発信したほうが良いですからね。

 

ここまでをまとめておきますと、現代の東京タワーの役割と言うのは

緊急時の備えとラジオ電波の発信

という大きく2つの役割を果たしています。

 

取り壊し予定はいつ?

東京タワーの現代の役割を紹介したところで感じているのは

東京タワー要る?

という事ではないでしょうか?

 

緊急時の備えと言っても、そもそも東京タワーが現役だった頃は予備なんてありませんでした。

また、そもそもスカイツリーの方が建造物として優れているのに東京タワーだけ残るなんてありえるの?など。

様々な現実的に厳しい意見で東京タワーは取り壊しの話も出ていたんです。

東京タワーの運営費もただではありませんから当然です。

 

では、なぜ東京タワーが取り壊されなかったのか?

これは緊急時の備えやラジオ電波の発信など現代の役割が理由ではなく

東京都民にとって東京タワーは故郷のシンボル

として根付いていたためだと言われています。

 

当然と言えば当然の事ですが、東京タワーという建造物を毎日のように目にしていた人もいますよね?

そういった方からすれば、東京タワーの取り壊しは寂しいの一言です。

必要性がなくなったから撤去します。

都民からすれば、そんな寂しい理由で東京タワーの撤去はするべきではないという意見が強く出たために東京タワーの取り壊しは行われなかったんです。

 

合理的な数字の問題ではなく、精神的な感情の理由で東京タワーは残っているんです!

つまり、東京タワーの取り壊し予定は現代ではないというのが答えになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

東京タワーの現代の役割と高さの由来などを紹介しました。

 

東京スカイツリーという東京タワーの代わりの建造物が出来た現代では何をやっているのか?

気になっている人も多いでしょうが、東京都民のシンボル。

日本人のしてのシンボルともいえると言えば言える気はしたのですが、現実的にはやはり東京スカイツリーの方がシンボルですよね(笑)

 

現代でも東京タワーの維持費の問題で必要ない。

取り壊すべきでは?という声もあるそうですが、シンボルとして残したいという声が多いそうです。

年末年始などは初日の出を見るスポットでもありますし、まだまだ現役として東京タワーは活躍してくれそうです!

 

話変わりますが、初日の出を見に行く際には先着順などもあるので気を付けて行ってください!

東京タワーで初日の出を観るチケットは?展望台ごとの混雑度合は?

観光名所・国際系カテゴリの最新記事