レゴランドの極悪ハンバーガー?食べ物がスーパーの惣菜レベル?

レゴランドの極悪ハンバーガー?食べ物がスーパーの惣菜レベル?

東京ディズニーランド、USJに続く一大テーマパークとして注目を集めるも、あまりのショボさに逆に話題になってしまったレゴランド。

17年4月1日の開店以来、様々な悪いうわさが飛び交っています。

その結果、レゴランドに行こうと思う人は非常に少なく、行きたくないと思う人が続出しているのが現状です。

 

悪評が後を絶たないレゴランド。

これまでに実際に言った方々のレゴランドでの惨劇をまとめてみました。

[cc id=55 title=”目次”]

レゴランドのハンバーガーが極悪使用?

レゴランドの悪評で最も話題となり、絶対に行きたくないと思わされた最大の出来事がレゴランド内にあるハンバーガー屋が売りつけているハンバーガー…。

その酷過ぎるハンバーガーというのがこちら。

…酷過ぎますよね?

これが実際にレゴランドに行った方が食べるハメになった、レゴランド内で実際に販売されているハンバーガーです。

 

コンビニで購入するのよりもひどく、潰れかけのスーパーの総菜コーナーに投げ売りされている商品だと言われても疑わないほどひどいハンバーガーです。

ちなみにですが、このハンバーガー&ポテトのお値段は驚愕の1350円。

 

いったこのハンバーガーとポテトのどこにそんな費用が掛かるのか?

レゴという子供向けの商品を題材を売りにしているテーマパークでありながら子供が喜ぶハンバーガーすらもこの仕様。

小学生でもわかるほどに、ボッタクリとしか表現のしようがないハンバーガーが売りつけられていることから開業早々に話題になりました。

 

当初はあまりに酷さから捏造では?との声が多数上がっていました。

しかし、数日後には他のレゴランドユーザーからも同じような惨劇が多数アップされ真実であることが裏付けされました。

 

飲食全般が最低レベルの手抜き料理?

ハンバーガーが酷いなら他の料理を食べればいいと思う方も多いでしょう。

悪い所ではなく、良い所に目を向けようと必死な方にはこの考えをした人は多いと思います。

しかし、レゴランドはそんなに甘いテーマパークではありません。

この画像はレゴランド内にある飲食店で1800円で提供されているエビフライ&スープです。

脂に入れる時間が長すぎた為に、明らかに焦げすぎとしか言いようがない小ぶり尚更にすっぽり収まるエビフライ。

その隣に哀愁漂わせながら添えられているスープとライス…

なにより悲壮感漂うのが、エビフライの下敷きになっているタルタルソースでしょう。

 

いったいどんな神経をしたら、ここまで酷い食事をテーマパークで出せるのか?

まさに極悪としか例えようがない料理です。

 

悪行が一気にSNSで拡散されたことで、レゴランドは閉店寸前とまで言われています。

たったこれだけの事ですが、楽しむ目的でテーマパークに足を運ぶなら他のテーマパークを選びますよね。

誰もこんな楽しめなさそうなパークに行きたいと思う人はいないはずです。

[cc id=16 title=”アドセンス”]

レゴランドに行く際の注意点

酷過ぎるテーマパークですが、恐いもの見たさに行く人もいるでしょう。

なので、ここからはレゴランド行く際の注意点を解説します。

 

まず最初に注意してほしいのがレゴランドは再入場が出来ないという事です。

東京ディズニーランドは再入場が可能ですが、レゴランドは再入場ができません。

お昼を外のお店で食べようとすることは出来ませんので、酷過ぎる昼食をレゴランド内で食べてください。

レゴランドに行くという事は、極悪非道なランチをランド内で食べる覚悟をしていきましょう。

 

次に注意してほしいのが、待ち時間の表示があやふやでるという事。

300分待ち、つまり5時間待ちと書かれているプラカードを持っていますが平然と6時間かかる事もあります。

何分待ちになっているのか?

それはあくまでも最低時間と考えて、それ+60分くらいはかかるものと考えて行動しましょう。

実際に60分以上も告知されていた時間よりもズレていたという体験談が出ています。

 

そして、最大の注意点がトイレが非常に汚いという事です。

ディズニーランドやUSJはトイレは特に綺麗にされている印象を受けますが、レゴランドは掃除されているのかも疑わしいほど酷いと話が出ています。

トイレにはエアコンも付けておらず、ウォシュレットもなし。

挙句の果てに、臭いという話も出ています。

 

挙句の果てに、水にぬれるアトラクションが多いのにドライヤーは1回300円。

ぬれるアトラクションに乗るたびに300円が加算されていくという素晴らしい仕組みまで存在しています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

レゴランドで有名な悪徳すぎるハンバーガーや料理を解説しました。

 

飲食全般のレベルは下の下でとても楽しむために行くテーマパークで用意される物とは思えない料理揃い。

あんなハンバーガーをどのような心境で販売しているのか?

レゴランド経営側の神経を疑いますよね。

 

飲食に限らず、アトラクションの並びなども酷過ぎる事態が多発。

あまりの酷過ぎる事態に、レゴランドは一気に過疎化したというのが現状です。

レゴランドに行こうと思う人は飲食には特に注意して、覚悟をしていってください。

 

飲食が潰れかけのスーパーのお惣菜コーナーに投げ売りされているレベルのレゴランドの解説でした。

日本レゴランドホテルの料金と内装は?海外で朝食が大人気の理由は?

観光名所・国際系カテゴリの最新記事