栗のお勧めなゆで方は?茹でる前の下処理で簡単に皮を剥く裏技!

栗のお勧めなゆで方は?茹でる前の下処理で簡単に皮を剥く裏技!

秋の季節に美味しい果実が栗ではないでしょうか?

栗ご飯など秋の季節の訪れを感じさせてくれる美味しい料理も有名だと思います。

 

そんな栗ですが、実際に親戚や友人などに貰った際に調理の仕方がわからない。

特に、皮の剥き方や茹で方、茹でる時間が分からないという方は多いと思います。

 

なので、栗を貰った際に簡単に栗を調理する為の下準備の方法を解説します!

[cc id=55 title=”目次”]

栗とは?日本での歴史は?

秋の季節に食す栗の歴史ですが、実は日本ではとても歴史が古く縄文時代では主食として食べられていたほど日本人には縁が深い食材です。

 

野生にある際にはイガと呼ばれるとげとげに包まれており、見た目はこのようにまるでウニのようです。

トゲの外皮の中には、一般的に知られる栗があるのが分かります。

このように、野生の栗は動物から果実を守る為に非常に硬く触れただけで痛みを感じるトゲで覆われています。

 

一般的に販売されている栗は、伊賀の部分を取り外した状態なんです。

この事は知っている方も多いと思いますが、栗は皮が2重になっている果実。

 

美味しすぎる栗の果実を野生の動物から守る為には、このくらいしないとダメだと考えると納得できる気がしません?

本当に秋の風物詩の栗って美味しいですから、動物から守る為にこれくらいは必要だなって思えてしまいます(笑)

 

栗を茹でる方法は?

栗料理の際は、やはり栗を茹でる行程が最も多いのではないでしょうか?

外皮が非常に硬い栗を茹でる時間や茹でる際の水の量を解説していきます。

 

栗を茹でる際には、茹でる前に栗をしっかりと水で洗ってください。

その後、栗が沈む程度に水を張った鍋などに4時間くらい付けておきましょう。

 

4時間たった後に、20分ほど中火で茹でてください。

20分たったら火を止め、沸騰した湯に栗を付けたまま放置しお湯の熱が冷めたら取り出しましょう。

この行程は、栗のあく抜きと栗に火を通す意味合いがありますので、忘れずにやってください。

 

最後に皮を剥いて栗を茹でる行程、下準備は終了です。

栗の皮を簡単に剥く方法は?

茹でる方法を紹介しましたので、ここからは皮を剥く方法を解説します。

皮を剥く行程は茹でる前にあることをすると簡単に剥けるようになるので、是非こちらの行程も施してみてください。

手順をしっかり踏めば信じられないほど簡単に皮を剥くことが出来るので、その方法を解説します!

 

お勧めできない方法ですが一般的なのが包丁を使って強引に皮を剥く方法です。

見るからに危険ですし、時間も非常にかかるのでこのやり方はお勧めしません。

怪我でもしたら、せっかくの栗料理も苛立ちで美味しいとは思えないでしょうし、包丁の扱いに自信のある方以外は絶対にやらないようにしてください。

言うまでもなく、固い皮を剥くために力を入れ包丁のコントロールが難しくなるので辞めましょう。

 

お勧めの栗の皮剥き方法は、栗の皮むき用の道具を使う方法です。

ユーロ圏で使用されているジャックと呼ばれる栗の皮を剥くための専用のナイフを使ったやり方です。

切れ目を入れた後に鍋で栗を茹でると、面白いように栗の堅い皮が剥がせるようになります。

観ているだけでも、気持ち良いので実際のやってみると想像以上に気持ちは良いでしょう。

 

栗の皮を剥く為の専用のアイテムを購入することに躊躇いがある方は包丁でも大丈夫です。

少々危険は伴いますが、ある程度包丁の扱いに慣れている方であれば怪我をすることなく栗の皮に傷を入れられるはずです。

お値段も3000円もするので、包丁で傷をつける行程をやっても良いと思います。

年に1度程度の栗の皮むきに使うだけのアイテムなので、節約を心掛ける方には不要なアイテムだと思いますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

秋の季節に親戚や栗拾いに行った友人などに貰う事が多い栗の下処理の方法を解説しました。

 

貰う事は嬉しいけど、栗は皮が固く皮を剥くのが大変だし慣れない食材という事もあり茹で方も分かりにくい食材ですからね。

栗を貰った際には、包丁で皮を剥くという無理な行動を取らないようにし、簡単に皮を剥く方法や専用のグッズで処理しましょう。

調理の過程で怪我をしてしまうと、せっかくの美味しい秋の風物詩の栗を食べているのに美味しいと思うどころか憎しみを抱いてしまうかもしれませんよ。

 

秋の風物詩として庶民的でとっても美味しい栗の下処理の方法の解説でした。

料理・文化カテゴリの最新記事