青バナナの栄養は腸内環境に影響?黄、黒バナナとは根本的に違う!

青バナナの栄養は腸内環境に影響?黄、黒バナナとは根本的に違う!

消化によく栄養素が豊富な果物として有名なのがバナナだと思います。

甘くて美味しく健康にも良いと言われているバナナ。

世界的にも食べられている果物ですし、日本でバナナを食べたことが無い人と言うのは殆どいないほど人気の果物です。

 

そんなバナナですが、様々な色がある事をご存知ですか?

普段目にする黄色いとは異なり、青いバナナや黒いバナナがあるんです。

それらは色が違うだけではなく、食べた際の味や効果も異なるバナナなんです。

 

黄バナナ、青バナナ、黒バナナ。

それぞれの違いについて紹介していきます!
[cc id=55 title=”目次”]

黄バナナの特徴は?

まず最初に紹介するのは、普段目にするバナナと言えばの黄バナナ。

一般的に販売されている食べごろのバナナですよね。

 

この黄バナナですが一般的なバナナなので当然

ビタミンやミネラルが豊富に含まれて

いて手軽な栄養補給や疲労回復目的には持って来いの食べ物です。

 

黄バナナの味や食感も

甘くて美味しくバナナと言えばの普通の食感

の、日本人が思い描くバナナと言えばのバナナです。

毎日食べる人も多いのがバナナですよね。

バナナを毎日食べると糖尿病になる?1日に食べて良い本数をご紹介!

青バナナの特徴は?

次に紹介するのは、日本では滅多に見かけない青いバナナです。

 

この青バナナと言うのは、日本のスーパーなどでは見かけないのですが

日本に出荷された状態のバナナ

であり、日本に出荷された際の状態のバナナのほとんどは青いバナナだそうです。

 

なるほど。

青バナナを出荷して日本についた頃には黄色くなるのか!

と思う人も多いと思うのですが実はこの青バナナは黄色くはなりません。

 

と言いますのも

青バナナが黄バナナになるには追熟させる必要がある

のですが、この追熟の過程にはエチレンガスという物質を使い強制的に追熟させる必要があります。

このエチレンガスが無いので青バナナは黄色くなることは無いんです。

 

青バナナは追熟させる前のバナナだと紹介したので、当然ですが追熟後の黄バナナとは栄養素も違います。

 

この栄養素と言うのが青バナナの最大の特徴でもあり

レジスタントスターチ

という人間の身体が消化するのに手こずる『難消化性でんぷん』という糖質でありながら血糖値を上げにくい成分が多く含まれている事です。

 

バナナは糖質を多く含んでいる食べ物なので、食べ過ぎると糖尿病になりやすいのですが

青バナナは黄バナナに比べる糖尿病になりにくい

と言う特性も有しています。

 

さらに、青バナナには黄バナナには少ないフラクトオリゴ糖という成分が多く含まれています。

この成分が腸内環境を整えてくれるので

便秘改善には黄バナナ以上に効果が期待できると言われています。

 

青バナナの特徴は

追熟前のバナナであり糖尿病になり難く腸内環境を整えてくれる

と言うのが黄バナナとの大きな違いであると言えるでしょう。

黒バナナの特徴は?

最後に紹介するのが、黒バナナ。

この黒バナナは度合いによって真っ黒の物もあるのですが

皮に黒い点があれば黒バナナ

という風に区別するのが一般的です。

 

この黒バナナですが、一般的にスーパーで購入できる

黄バナナを置いておくと黒バナナになる

事から想像がつくと思うのですが、塾生が進んだバナナであり

黄バナナから塾生が進んだ為にさらに甘くなったバナナ

と言うのが黒バナナです。

 

栄養素という意味合いでは塾生が進んだことで

リン脂質と言う脂質が増加

しているというのが特徴です。

 

このリン脂質と言うのは

胃を守り免疫力を高める

と言うのが特徴であり、健康維持を目的にしている場合は黄バナナよりも高い効果が期待できます。

 

黒バナナは食べたことがある人は分かると思いますが

くたくたになっているので消化にも良い

という特性もあり、黒バナナの見た目通り

疲れ切っている人には非常にお勧めできる

食べ物であると言えるでしょう。

それぞれの違いは何?

3つのバナナを紹介したので、それぞれの違いをまとめておきます。

 

黄バナナは栄養素が豊富で疲労回復効果にも期待できる栄養食材。

青バナナは追熟させる前の黄バナナで、腸内環境を整え免疫力も高めてくれて糖尿病になりにくい。

黒バナナは塾生が進んだバナナで、胃腸にやさしく疲労回復効果は高い。

 

3種類それぞれにメリットがあるので、バナナに求めている効能に合わせて色を選ぶと言いでしょう。

栄養補給であれば黄バナナ。

腸内環境と免疫力を高めたいのであれば青バナナ。

疲れ切っている時の食べ物といては黒バナナ。

状況に合わせてバナナの色を選んでいきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

青バナナ、黄バナナ、黒バナナの特徴と違いについて紹介しました。

 

それぞれのバナナは味が違うだけではなく栄養素にも違いがあるのが特徴です。

特に青バナナは免疫力も高めてくれるという研究結果が出ているので、食べてみたいという方は多いでしょう。

青いバナナは日本のスーパーなどでは見かけないですが、通販では普通に売ってたりするので健康面を考えている人は購入しているといいかもしれません。

あまり知られていませんが、色によって異なる様々な効能が期待できるバナナという果物です。

何気なく食べていた方は、これからは求めている効果に合わせてバナナを選んでみてはいかがでしょうか?

料理・文化カテゴリの最新記事